円保有のリスクって? イギリスで学者街道を進む後輩より

日本には強い円信奉があり、日本銀行券の価値を疑う人間は誰も居ない。
一方、アジアの投資家(特に金持ち)は、自国の通貨の弱さを知っている。
ドルなり金(Gold)に資金を逃がすのが王道だが、日本ほど、金のショップが
街中に無い国は珍しい。(最も先進国は、少ない気がするが)

香港に来た時は札をよく見つめてみて欲しい。HSBC、Standard Chartered
Bank of Chinaと、どれも普通に株を買える民間金融機関。
香港の札は民間の銀行が発行する銀行券。
英語訳もBank Noteってホントそのまんま。この前買ったCiti Bank社債と同じよ。
札見てるだけでも、HKDって信用できねぇなって気になって来るでしょ?

最も日本的感覚で見直さなければならないのが、為替の損益計算。
全体で1億円持っていて、そのうち9000万円を円で、1000万円相当をドルで
持っているとする。円安ドル高に進むと、円建て見ると、ドル資産が増えて儲かった
ように見える。これ本当に儲かっているのか?
ドル建てでみるとどれだけやられていることか?

元日銀の速水総裁が「円高が悪者のような風潮があるが、今の日本の世界における
経済的な立場は円高がもたらしたことを忘れてはならない」
的なことを言っていたがその通りだと思う。

海外には出ないから関係ないという人が居るが、日本国内で生活するにしても
資源、食料が無い日本はどれだけ輸入に頼っているか考えると、円が弱くなれば、
物価がそのままで居られるはずが無いのは明らか。
日本は、一国だけではやっていけないことを忘れてはならない。

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

最近のコメント

Twitter Updates