久しぶりに小説を

何年ぶりでしょうか。小説を読んでみました。金融と全く関係ない本は久しぶりの気がします。

屍肉の聖餐 (集英社文庫)屍肉の聖餐 (集英社文庫)
Hubert Corbin 佐宗 鈴夫

集英社 2001-02
売り上げランキング : 1394032

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タイトルの通りの小説です。まあまあです。中古でだったら買う価値ありです。

犯人は、魚マニア・妄想癖・○トーカー気質ということで、「お前そのものじゃねぇか!!」と言われそうですが
私からすると、この本に出てくる犯人やいわゆる世に言う○トーカーと私を同一視されると違和感を覚えます。

私は受動的な○トーカー気質なのです。
電話をかけたり、後をつけたりなどという幼稚なことはしない。
気まぐれや、性欲にまかせた衝動的追跡ではない。
もっと粘着質な想いなのだよ。だから、なにもせず、じっと待つ。何年も。

具体例をあげた方がよりわかりやすい。受動的な○トーカー気質の代表例、みなさんよくご存知
今の皇X子です。

そうでしょう?間違いなく電話かけたり、後つけたりしてないですよ。この人。
なにもせず、ただひたすらに待つ戦略で、年単位で追い続けた。
しかも、この○トーキングには、あの鋼鉄の処女が折れるくらいの圧力があって
挙句の果てに、きちんとセトルしてる!!(これは脅威。というか偉業?私も負けちゃうかも・・・)

私と同じカホリがします。しかも好みの女性のタイプも似ていると思われます。

なるちゃん、私たちは、きっと良いお友達になれると思うよ。気が向いたら、電話してきて。

Track Back

Track Back URL

Comments [2]

「諏訪マタニティークリニック」(長野県下諏訪町)の根津八紘院長は20日、不妊の娘のために61歳の女性が昨年、代理出産していたことを明らかにした。28日に福岡市で開く日本受精着床学会で発表する。国内での出産例としては、最高齢とみられる。(毎日新聞)

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

最近のコメント

Twitter Updates