CDSはCorrelation Derivatives

Credit業務従事者から猛反発を覚悟の上、トラックバックにご返杯と行きましょう。
私は専門家ではないので、素人の戯言として、読んでいただければ幸いです。

私はCDSの存在そのものに疑問を感じています。

その理由として、債券価格とCDSはリンクしないことがあります。

ある社債とSWAPとCDSを使って、Arbitrage Portfolioを作るとしましょう。
社債=Fix受け、Float払いのSWAP+CDS Spread受け
となりそうですが、実際は、そうはなりません。

今はそれを説明するに非常にいい時期ですが、信用危機の状態において
L FlatでFundingできる参加者が居なくなるためです。

Cash(あるいはFloat払い)を必要とする社債価格はCDSのSpread以上に動くので、
CDSは社債のヘッジにはなりません。

債券の市場参加者のメインは、プロ(銀行)です。
つまり、財務レバレッジあるいは信用創造をつかったLeverage Playerなので、Cashを
持っている訳ではありません。
市場参加者の殆どが、L Flat Funding不能もしくはCashを持っていない状況では、
社債は対CDSで見て、鬼のように売られるわけです。

これが私がCiti Bank社債の投資にCashを持っている個人として踏み切った理由です。
お陰さまで、時価評価では、鬼のようにやられています。

この現象はCDSが
Creditを保証する人(Protection Seller)と対象UnderlyingのCorrelationを含んでいる
ということに尽きると思います。

確かにCDSにはGammaはありませんが、私は、Correlationが保証人によって変わる以上、OTCでSpread
だけでQuoteされているCDSの流動性が高ければ高いほど、CDSを現物のように考えることはできません。

最近調べたのですが、CDSはCorrelationであるという面白い例をここに挙げます。

CDSは今や社債だけでなく、その対象を国債にまで広げています。
米国債のCDSに、USD建は無く、EUR建しかありません

もし米国債が価値を持たなくなったら、USDは、もはや紙屑だからです。

Correlationゆえに、CDSは債券という実体からあまりにも遠く離れすぎていて、自己矛盾を含んだ
理論上の産物、単なる机上の存在にしか見えないのは私だけでしょうか。

Track Backs [2]

Track Back URL

OTC derivatives は Correlation derivatives

投資一族の長さんから、CDSはCorrelation Derivativesとい... 続きを読む

CDS残高6500兆円突破 デフォルトを防げ

オツカレです。 AIG救済あたりから一気にクローズアップされるCDS。 [21日 CNN ワシントン]不良資産買い取りに700... 続きを読む

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

最近のコメント

Twitter Updates