株と通貨の相関

ある国の経済に強気=通貨も株も買うべき という図式が成り立ちます。

ところが
日本人である我々は体感的に、株が下がると円は上がる(為替が下がるとか言わないように!!)
ということを知っています。

Global MarketにおけるWeekly Correlationを実際に計算してみました。
IndexCurCorr.JPG
通常は正の相関で、エマージングほど、強相関。
明確な逆相関が見られるのは、日本、スイス、中国だけです。

ベトナムは、為替管理しているにもかかわらず、政府が弱小なので、やはり、操作しきれず正相関。
中国は巨大だから、操作しきって、逆相関。(これ中国をほめているんじゃありませんよ。自慢話です!!)

欧州は、最近は、体感的に株と共に通貨も下がっている気がしますが、数値上はマイナスが出ました。
何度も確認しましたが、計算は、あってるっぽい。間違ってたら教えてください。


国際投資的観点では、いわゆる株の純投資で利益が得られるのは正相関のMarketだけ

我がマザーマーケット日本は、そこが難しい。
日本株が安いときには、円が高く、日本株が高い時には円が安い。
となれば、ドルベースリターンは小さくなる傾向が明確です。

すると答えは、どうしたいね??

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

最近のコメント

Twitter Updates