体系立てたWhiskyの理解

またBarに行ってきました。前回と同じところです。
19:00入店。やはり静かだ。とても良い。

まずは
Macallan 12year ストレート
Macallan 18year ストレート
で飲み比べ。

この店は、ストレートグラスがあるので、使わせてもらいましたよ。

味が違うのは分かる。18yearの方が重厚な味がする。
でも残念ながら、私がMacallanに求めるのは、飲みやすさと甘い香り。
ということで18yearはブーヤオです。

あまいの2杯いったので、ちょっと、ヒリッとするのをと思い

Bunnahabhain 12year

これ、Macallanと比べれば強い感じですが、全体からすれば、きっとマイルドですね。

Glenmorangie (Sherry wood finish)

これ良いです。
今まで、「バーボンでもスコッチでもなんでも良いから適当にウイスキー持ってこーい。」でしたが
体系立てて考えると整理がしやすくて、私はシェリー樽が好きなのだろうということがわかりました。

煙草もCHERRYやLUCKY STRIKEが好きって時点で、きっとそうなんだろうな、と思います。

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

最近のコメント

Twitter Updates