ユーゴスラヴィア現代史

ユーゴスラヴィア
世界最新の国コソボやモンテネグロが生まれた国家の原型であり、
Tactics Ogreの背景であり、ミルコ・クロコップの生まれたところでもあります。

これは調べなければ、ということで読んでみました。

ユーゴスラヴィア現代史 (岩波新書)ユーゴスラヴィア現代史 (岩波新書)
柴 宜弘

岩波書店 1996-05
売り上げランキング : 81024

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ユーゴスラヴィアは二度生まれ、二度死んだ

1918年 王国として建国
1941年 ドイツをはじめとする枢軸軍の侵攻にあい、分割・占領されて消滅した。
1945年 社会主義に基づく連邦国家として再建
1991年 スロヴェニア・クロアチア両共和国議会が独立宣言を採択
1992年 ECなど、50カ国が2国を承認し、解体。

ユーゴ建国以前のユーゴ

ユーゴスラヴィアとはそもそも南スラブを意味する。
南スラブ諸国は、ハプスブルグ帝国(現ドイツみたいなもの)とオスマン帝国の支配下に置かれていたが
一定の自治が認められ、多様な民族、言語、宗教、文化が共存していた。
19世紀初頭のナポレオン戦争によって、ヨーロッパは民族の一体感に基づくナショナリズムの時代を
迎えることになり、南スラブ諸族も個別の民族意識を強めていった。

民族意識の芽生え

1830年 独立ではなく自治の獲得で、セルビア公国が誕生したが、その政治目的は公国外の全ての
セルビア人を公国に統一するという大セルビア主義に基づいていた。

モンテネグロは、さらに時代をさかのぼり、14世紀中世セルビア王国時代から分裂が始まっていた。
山深い地形で、攻めにくく、山奥で小さく独立を維持してきた。

マケドニア、山に囲まれ、肥沃な大地と豊富な鉱物資源を有し、多くの民族が去来していた。
隣接するブルガリアとセルビアと同じスラヴ語を話しながら。トルコ・ギリシャ・アルバニア人が存在し
オスマン帝国のもとに深く組み込まれていた。民族意識の覚醒が最も遅れた地域でもあった。

クロアチア、起源は6-7世紀。ビザンツ帝国とフランク王国の対抗関係を利用し、10世紀始めに
トミスラヴがこの地域を統一した。12世紀以降、ハンガリー、ハプスブルグ帝国の支配を受けて
いる最中、オスマン帝国統治を嫌うセルビア人が、この地域に入植。これが「セルビア人」問題の根源である。
中世クロアチア王国のように、スラヴォニア・ダルマチアの3つを統合することが近代クロアチア人の夢であった。

スロヴェニア人は、歴史上自らの国家を持つことができなかった。8世紀のフランク王国支配の時代から
続いていたカトリック布教活動の影響で、10世紀神聖ローマ帝国の形成後もカトリック聖職者の啓蒙活動
により民族性を保持できた。

ボスニアは、セルビアとクロアチアに挟まれ、言語を同じくしながらも、いずれとも異なるボスニア人と
してのはっきりとした意識を持たない人が存在していた。
東方世界と西方世界のはざまの地域にあたり、ムスリム、正教徒、カトリック、ユダヤ教徒が混在し、
宗教の違いは別として、ここに住む人たちがボスニアという領域に対しての帰属意識を持っていた。

サラエヴォ事件 

舞台はユーゴのボスニア。フランツ・フェルディナント大公夫妻暗殺事件。
暗殺犯プリンツィプは、ハプスブルグ帝国からのボスニア・ヘルツェゴヴィナの解放と統一を目指す
英雄と捉える見方もあったようだ。

たしか第一次世界大戦のきっかけと教科書に書いてあった。
歴史的に長い間強大勢力の狭間にあったユーゴで起こることは、世界的な影響力を持っていたんだなと実感。
深いわ~ユーゴ。

Track Back

Track Back URL

Comments [8]

モンテネグロとクロアチアには旅行で行きましたが、いいところでした。事前に勉強してから実際に現地に行くと、理解度が深まるかもしれませんね。

 2000年に中国へ行ったとき、元であるはずの通貨表示が圓になっていることが市中で散見されたんですが、これを見て私は「中国は通貨覇権を狙って動いている」と強く感じました。

 身の回りにいる人間にこのことを言っても誰も理解してくれなかったのが大変悲しかった覚えがあります。

 反応が遅くて申し訳ありません。

 現在の正式通貨名が「中国圓」というのは存じませんでした。

 日本が明治になるときに通貨制度を四進制の両からどう変えるかと迷っている時代、アジアにおける基準通貨はメキシコ銀で、この単位がYenだったためこの音にあわせて圓としました。このときには清国の貨幣単位は両(テール)ですので、このときの通貨単位「圓」は日本のものでした。

 明治大正昭和と日本政府は中国大陸において圓を現在のドルのような基軸通貨としょうとずいぶん努力し、それが定着していたようで、国民党も圓を通貨単位として貨幣を発行していました。でも、共産党に追い出されて大陸では中共の元が通貨単位になったという歴史があるようです。
 現在の Iso による CNY が中国圓として登録された時期がいつごろか、なぜ圓になった(国民党を追い出した当時の元ではなくなったのか)の部分は調べ切れなかったのですが、ここで元ではなく圓で登録をしたところに中華人民共和国の通貨覇権への野心が、アジアにおける米ドルのような基軸通貨は戦前からの基軸通貨圓(であっても日本が圓を捨てて円を使っているなら自分たちがその座をなし崩しに奪おう)という野心が見て取れるという意味です。

 いつごろどういう経緯で圓が Iso に登録されたんでしょうね?。台湾が登録してそのまま大陸が引き継いだんでしょうか? 時期的に無理がある想像ですけど。

 なるほど。確かに1)、2)の理由から日本に通貨覇権の野心が_今は_ないというのは同意いたします。

 一方で中国は中華の国ですから、東洋における覇権通貨は自国通貨であり、将来的には米ドルに取って代わろうとしていると読んでいますw。その単位を日本が手放した旧覇権通貨単位圓でという、そういう皮膚感覚を持ったということです。

 実際には先のコメントを書き込むための調べ物の中で初めて知った歴史もあるのですが、華僑の人たちに親しみを持って流通させてもらう=決済代金として受け取ってもらうためには音や通貨としての強さのイメージというのがとても大事なようですね。

 通貨覇権については国力の背景が絶対に必要なので、現在の中国の地力では確かに今すぐに1)、2)を捨てて突っ走ることは無理でしょうが、30年から50年後を見据えての動きが水面下でありそうな気がします。
 少なくとも、指導部の中にはそういう通貨覇権構想を持っている人がいるが為の Iso の CNY が中国圓なのだと思っています。
 また、東南アジアでRMBが普通に流通するようになっているというのもそういったことが表に現れている現象の一つでしょう。



 お褒めの言葉を頂きありがとうございます。ただ、様は勘弁してください。それほどの者ではございません。病院での様付けもそうですが、敬称のインフレを苦々しく思っているもので。

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

最近のコメント

Twitter Updates