新たなる発見@日本

久しぶりの日本の冬。改めて思い出したこと、新感覚を書き留めておきたいと思います。

便座が暖かい
 ぬおっ、びっくり。そんなのあったな。

実家の風呂が暖かい
 日本式の「炊く風呂」というのでしょうか?
 ここ最近、ホテルの「いれる風呂」しか入ってなかったものですから。妙に暖かいのですわ。
 湯船自体があったまっているのでしょうかね?
 湯船の形が冷めにくい深堀だから?
 1度単位で調整できて、ぴったり41度で入れて、それを保っているから?
 (ホテルのは「湯」と「水」しかなく、自分で配合しなければならないわけで、
 熱すぎて入れないと嫌だから、心なしかいつもぬるめにはってしまっていたのだろうか?)

24時間営業のファミレスがなくなってる
 実家の近所、ほとんどなくなってたねー。ある意味、私のValuationは、正しかった と。
 店はきついだろうね。300円くらいで、夜中ずっと騒いで、煙草吸って、ジュース飲みまっくてる連中
 の相手しなければならないのだから。割安すぎてお店がついてこれなかったようです。

本屋における日本人の国別関心度
 丸善の国際系の本棚における国別の数量の比率に注目してみました。
 ドイツ、そこそこ、棚の半分くらい。シンガポールは、わずかに5冊程度。まぁまぁ感覚的に妥当な配分。
 しかし、北朝鮮2棚、韓国2棚、中国1棚。好きなんだなー、あの半島が・・・。そんなに気になるか?
 俺は、相対的に半島の付け根、アジアの覇者が、気になるがなー。

過剰なまでの日本の気遣い。
私は気が利かないとよく言われますが、気が利きまくってる日本ならではの日常について。
素晴らしい技術、日本だけの技術。
世界最高峰の日本の製造業はこの日本の細やかな気遣いの上に成り立っているのは事実でしょう。
しかし、直接的に世界にアウトプットできなさそうな余計な気遣いもいくつか・・・。

コイン対応ATM
 世界のATMでコインが出てくる銀行ATMってあるのでしょうか?
 銀行決済においても1円単位できっちりしています。
 1円を得るために1円以上のコストをかけてはならないというのは商売の原則ですが?

時刻表通りの運行
 3分に一本来る山手線の時刻表が存在する。JRは素晴らしい。
 1分遅れることなく、ダイアグラムが完璧に守られるその運営たるやもはや神業です。
 ダイヤの死守には、相当コストかかると思うのですが、海外にありがちな
 Peak Hour 3min-5minって程度の曖昧運行ではダメなのかな?
 
天気予報
 すごく精度が高い気がします。今回も週末の雨の予報はナカナカでした。
 ところで、人工衛星って、自分の国とその上空の雲を見るためのものでしたっけ?
 天気予報の精度の追求とテレビのために人工衛星上げるって随分余裕な金遣いですな。

これらは、やっぱり必要なんでしょうかね?
経済合理性以前に、こういうのできてないと「気が利かないダメな国家」ってことになるのかな?

Track Back

Track Back URL

Comments [2]

おひさしぶりです。

JRの時刻通りの運航ですが、たしか15秒単位でダイアグラムがくまれいるはずです。
これが15秒でもずれちゃうと、待ち行列でいう渋滞問題を起こすのが現実で。
いまは、東京メトロや私鉄をふくめ、各社乗り入れをやっていますから、
経済でいう、バタフライ問題が関東圏では、1週間に1度はおきていますね。
なお、山手線での15秒運行でやっと乗客率が新聞が読める程度って話です。
参考までに。

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

最近のコメント

Twitter Updates