麻雀の管理者

日本で久しぶりに打ちました。当然勝ちましたよ。運で。

ドイツの地でやっている人もいるかと思えば、
この地シンガポールでも、雀士を集うスレッドを発見し、喜び勇む今日この頃。
「私はマットと牌を1セット持っていますので、家麻雀もできます。」
などと書き込み、オタクぶりを披露。

お前一体何者や? 
って思われそうですが、私は、単なる麻雀の管理者。管理者といっても、要は面子集めの雑用係のこと。
面子集めとして、ただ電話するだけでは、私の名が廃るので、やったことを3つ述べましょう。

1.通算の成績の統計を取ること
 一晩ポッキリの勝負から、継続的な勝負へ変更することで目標、順位争奪などの参加インセンティブを導入。

2.女性誘致
 単に女性参加者を集うことによる面子の増強だけではなく、男だけのギャンブルの場に華を添えることで、
 麻雀には強い興味を持たないくせに下心だけは持っている第2群の誘致というのがメイン。

3.Finance
 実は麻雀ではなく、これが私のドル箱なのだが、多少黒いかほりのする事業のため詳細は割愛します。
 通算成績の統計は、Finance事業のための必須だったとだけ述べておきましょう。

通算成績は、昔は私が手でノートに書いて計算していたのですが、プログラマーの後輩の協力でエクセル化しました。
これを見ると実によくわかります。私はギャンブラーとして一流ではないことが。

通算成績表は

総得点:半荘ごとのプラスマイナスの総和
最大得点:一半荘の最大勝ち幅
平均点:総得点÷参加半荘数
勝率:1位の半荘数÷参加半荘数
防御率:4位の半荘数÷参加半荘数
連続プラス半荘数:連続してプラスで終わった半荘数

などが表示されます。

シンプルですが、打ち手ごとの特徴がよく現れる統計指標となっています。
私の特徴は、平均点が高く、勝率と防御力が低い。
つまり、2位と3位で終わることが多い、負けない、だけど勝ちきれない麻雀であることがわかります。
チャンスを活かして、取れるだけ取るのがギャンブラー性向なのですが私は違います。
ぜひ貴君も自己分析をお試しあれ。

Track Back

Track Back URL

Comments [4]

2に関して、今度卓を囲むときは場の華になるような女性を連れてきてるということですね

そんなことデキるんだっけ?キミに…

我が大学の1年先輩の女性は、まじに数学(OR)と麻雀がすきでした。
残念ながら、勝ち組ではなく、60近くになっても、
金だけ持って一人さびしく高層マンションで暮らしています(笑。
まあ、男はホストクラブで買えばいいって考えですが(笑。

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

最近のコメント

Twitter Updates