一族家における投資教育 ~競馬

大分昔の話になってしまいますが、1月25日 中山競馬場に行ってまいりました。メインはAJCCです。

東東京ということで、ついでに南千住のうなぎのおばなで、うなぎを食べてからという計画を実行しました。

相変わらず、鰻巻は激ウマ。白焼きも良し。満腹感も抜群でございます。
カードが使えないので、現金を用意してください。予約もできません。鰻が切れたら終了です。

尾花 Tel:+81-3-3801-4670  東京都荒川区南千住5-33-1
[火~金] 11:30~13:30 16:00~19:30 [土・日・祝] 11:30~19:30 定休日 月曜日

さてさて、冬の中山ですが、こんな感じでした。
nakayama.JPG
休日のおばなのWaiting TimeのおかげでAJCCは最後の直線だけしか見ることができませんでした。

やむなく最終レースのみを観戦。中山は、パドックと本馬場が近くていいです。
(府中はもうちょっと距離があったような記憶が・・・)

動物が登場する大衆ギャンブル競馬は、投資教育の第一歩として子供にもわかりやすいものだと思います。

新聞で馬の名前を読む->パドックで馬を見る->馬券の買い方->レース観戦->配当金の受取

という一連の流れを示すにとどめ、

単勝式と複勝式の違い、オッズ、博打の基本的概念とJRAのテラ銭、総賞金、
種牡馬種付料、騎手などの競馬のステークホルダーの全般的な説明。
コインの裏か表とは違う馬ならではの、お洒落な博打の背景として、
サラブレッドの定義と血統、世界の競馬など話すことは沢山ありますが全て省略。

枠番と馬番の違い、毛色の説明のみで終了です。

どの馬が来ると思うか番号を言ってみろ。
馬の足音と観衆の怒号を聞け、そして感じろ。

以上、教育終了。

AJCCの最後の直線だけでも見ることができてよかったです。
最終レースはダートで、席から距離がある上に足音がしないので面白みにかけるのです。
ターフを駆け抜けるあの音は、大人の私が聞いても心地よい響きです。

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

最近のコメント

Twitter Updates