コンサートがありました

コンサートの前日にリハーサルがありました。
ここSGPは英語圏ですがNativeではないので、rehearsalは通じにくい英語。practiceで良いのです。
わかるかな? 米英駐在諸君。アジア英語の苦労が。

リハーサルは夜からだったので、それまでは・・・麻雀してました。朝10時スタート。
結果は、今回は神の名に恥じないと言えるかどうか・・・場代コミのトントンです。タクシー入れたら赤字?
招集かけると7人も集まってしまうという恵みの泉シンガポール。ありえないでしょ? 東京では・・・。

おっと本題からずれてしまいました。打ちながらビールを飲んでました。

酒効果で唇の先まで血の巡りが良くなったのでしょう。ダッタン人の踊りの伸ばしがいつもより綺麗に出ました。
また、空腹時より、食事後は比較的良い感じで吹ける気がしています。

今でも思い出す最悪なコンディションは、大学時代の合宿です。
8時起床で飯食って9時から合奏 のようなスケジュールですと、寝起き1時間で楽器を吹くことになりますが
相当吹きにくかった記憶があります。

本番当日は、15:00からリハ。1曲目のベトーベンのヴァイオリン協奏曲はお休みなので、ビールを3本ほど
仕込みました。1時間くらいたってから段々効いてきて、無事前日リハの再現ができ、比較的良い状態で
ダッタン人の2楽章、下のF管Dの伸ばし(Dはド・レ・ミの"レ"の意)を吹くことができました
このDがなかったら、ビール3本=4SGD×3の先行投資はしなかっただろうなー。

くぅー、大学の時も使っとけば良かったよ。この方法。飲みは本番前。今後これは大人の基本としましょう。
中学の時、うまく吹けなくてオクターブ上げさせられたのを挽回したい気持ちも働いたのでしょう。
はっきり言って今回のコンサート、このD以外あんまりやる気無かったし。
今回で実は3回目の出演なのですが、初本気モードだったかもしれません。

ボロディンの魅惑のD
聞きたい人はどうぞ。2楽章3rd トロンボーンです。

だったん人の踊り~アンセルメ/ロシア音楽コンサート
だったん人の踊り~アンセルメ/ロシア音楽コンサートアンセルメ(エルネスト) ボロディン リムスキー=コルサコフ

ユニバーサル ミュージック クラシック 2001-04-25
売り上げランキング : 20534

おすすめ平均 star
starアンセルメという「偉大な個性」
starステンカラージンだけでも聞く価値あり
star古いものも良い。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【関連記事】
2009.02.23: ダッタン人になった
2009.01.14: 俺がオーケストラの練習に行く理由
2008.11.25: 作曲者の陰謀

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

最近のコメント

Twitter Updates