世界一レベルの低いDerivatives Investor

台湾です。

正確には台湾人・あるいは個人を特定するものではなく、国家・地域としての金融機関のレベル、フィナンシャル
リテラシーがエキゾチックを見てるとわかる
のです。一応、完全な私の主観ですと断っておきます。

まずは具体的な取扱商品を見ていきましょう。

商品1.元本保証、韓国指数連動クーポン債

AUD 6years
Coupon(2i)=12%+Max[0%,Participation×{S(2i)-S(0)}/S(0)]
i=1,2,3で2年おきにCouponが支払われます。

商品2.元本保証、ハンセン指数連動債

AUD 6years
期中のクーポンは無く
満期に元本+Max[31%,Participation×1/24Σ{S(i)-S(0)}/S(0)]
i=1,2,3,・・・24で、Quarterlyの24回参照Asian Optionが支払われます。


何が幼稚? この時点で気付いている人は、かなりセンスが良いです。

そう。これだけGuaranteedの支払いが多い中、気になる非公開値であるParticipationが
どうなるか触れていきましょう。
AUDってのもちょっとイラッとするね。まだ高金利通貨選好かよ。

商品1 Participation=1%
 KOSPI200が2倍になるとやっと1%Couponが増えるという仕組みです。
 クーポン3回あるとは言え、MaxでDeltaが3%。10milを売っても、Inital Delta150kよ。
 Gammaはあるけど、Gamma Tradingは不可能だね。

商品2 Participation=10%
 31%のGuaranteed Couponと合わせてみると、310% StrikeのドアウトなAsianなわけ。
 Asianだから大体2-3年のCallと考えると・・・、2年で310%のCallよ。しかも10%Participation。 

確かに2つともEquity Linkですが、AUDで36%と31%の払い出し確定してるってことは、Equity感応度は
殆ど無く、10mil程度ならHedgeするSellerは居ないということが、分析するまでもなくわかります。
値段はEquityのVolatilityで決まるものではなく、金利と発行体のクレジットで99%決まることが直感的
にもわかってしまうようなEquity Link商品が実在しています。


どうして、こういう商品を今やっているのか? 私はわかる。

Worst of **でやられた。これはアジア中がやられた。台湾だけじゃない。
さらにその前、台湾ではやっぱり元本保証信奉があって、Target RedemptionなるZero Coupon債を
100で買うのが流行ってた
んですよ。正確には、株が下がったらZero Couponになるような債券。もっと言うと、
10個のうち一つでも下がったらZero Couponになるような債券って実質Zero Coupon債ってのが、
株やる人ならわかるでしょ? 割引債を100で買うか?

Target Redemptionで金利をPut Option化してZeroになったから、今度はCallを買おう。
でも上がらなかったらZero Couponだと前回と同じだから、株価によらず、きちんと払い出しをさせよう
これは彼らの同じ轍は踏むまいという主張なのです。

誰も「これって実質Equity商品じゃないよね?」と言わないところが、アジア広しと言えども台湾だけに
見られる珍現象
なのです。

どうして、こんなに幼稚なのか? それにもちゃんと理由があります。続きはまた今度。

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

最近のコメント

Twitter Updates