容疑者Xの献身

「元気そうだな」男は笑いかけてきた。だがその目はどす黒く濁って見えた。
「あんた・・・どうしてここに」
「そんなに驚くことはないだろう。俺だってその気になれば、別れた女房の居場所ぐらい突き止められる」
「今さら何の用?」
「そう目くじら立てるなって。久しぶりに会ったんだから嘘でも笑って見せたらどうなんだ。ああ?」

「おめーにそんなに冷たくされたんじゃ仕方ないな。じゃあ、あっちに行ってみるか」
男は首の後ろをこすった。
「何よ、あっちって」嫌な予感がした。
「女房が話を聞いてくれないなら、娘に会うしかないだろ。中学校はこの近くだったな」

一親等をおさえる。恫喝の基本です。私も同意できます。
この男・・・そう、この親子に殺されるってストーリーですが。

「この一ヶ月間、何も変わっちゃいない。彼らは時計のように正確に生きている」
「人間は時計から解放されるとかえってそうなる」

時間の制約がない路上生活者の振る舞いか。
なるほど・・・。

微分積分なんて一体何の役に立つんだよ。
だがあんな質問をしてきた森岡の姿勢が、石神は嫌いではなかった。なぜこんな勉強するのか、という疑問
を持つのは当然のこと
だ。その疑問が解消されるところから学問に取り組む目的が生まれる。数学の本質を
理解する道にも繋がる。ところが彼らの素朴な疑問に答えようとしない教師が多すぎる。いや、多分答えられ
ないのだろうと石神は考えていた。本当の意味で数学を理解しておらず、決められたカリキュラムに従って教
え、生徒に一定の点数を取らせることしか考えていないのだから、森岡が投げかけたような質問は、タダ煩わ
しいだけなのだ。


数学だけでなく、学問、もとい子供に対する発言全てに対し、何故なのか?一体何なのか?を明らかにする姿
勢が必要だと考えています。それが、教師だけでなく、親、子供に接する大人としての責務と思います。
もしかしたら、子供の教育だけでなく、先輩後輩間の教育においても同様のことが言えそうです。

容疑者Xの献身 (文春文庫)容疑者Xの献身 (文春文庫)

文藝春秋 2008-08-05
売り上げランキング : 156

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【教育関連記事】
2010.01.15: 幼少期からのエリート性教育
2009.11.06: 子育て1人3000万円 その内訳
2009.09.17: 名前をカタカナや漢字で書いてはならない
2009.09.03: 教育者としての主婦
2009.07.29: 学成り難し
2009.07.10: 得意の交渉術
2009.07.03: 暴君の家庭
2009.04.09: 金(カネ)の重み
2009.04.08: 試験の評価がスペシャリストを殺す
2008.08.07: 子供のための動物園だよね

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

最近のコメント

Twitter Updates