プーケット旅行 ~Luxuryなホテルに安く泊まる

「海の楽しさを教えたい」そんなオファーを私にしてきたのが、ダイバーM氏(以降DM氏)。
DM氏はダイビングの15年超の経験とインストラクターライセンスを持ち(本職はダイバーではない)、世界中の海を
潜ってきた
という。世界中の港に女が居るという自慢話をDM氏から聞いたことは無いが、シンガポールに居る私
の知人の中でも指折りの酒飲み&遊び人である。

DM氏の好みでは、海はモルジブが良いらしいのだが、今回は潜り中心ではなく、プーケットで格安Luxury Tourを
遊びメインで、ついでに海でも潜らないかという企画であった。

コストを紹介しよう。

JW Marriott Vaction Club(3泊)  510SGD÷2
ホテル食事              130SGD
飛行機(JetStar、約80分のFlight) 170SGD 早朝初-深夜着なので現地滞在丸々4日!
体験ダイビング          150SGD
現地遊びの小銭    230SGD (THBをタイ空港で両替。SGPの両替商が旧正月休みで替えられなかったのが悔しい)
酒代(免税店で買った部屋飲み分) 100SGD÷2
シンガポール空港までのタクシー代  40SGD
ということで、合計コスト1025SGD、1SGD=65円で見積もっても3泊して7万円に届かないという激安プライスだ。
JWM-Dining_c.jpgbig-bath.jpg
特に割安感があるのは、JW Marriottのホテル代で、部屋というより高級コンドミニアムのWholeという感じで、
1300sqft(120平方メートル) 2ベッドルーム(当然風呂は二つ)、キッチン、リビング、バルコニー、洗濯機までついて
いる。通常のホテルの部屋の二倍以上はあるスペースである。従業員の対応もしっかりしており、1泊170SGDは
明らかに割安感があろう。送迎サービス、朝飯、ビーチ、プール(プールは大した事無いが・・・)は全て無料である。

マスターベッドルームは一つのキングサイズベッド(超でかい)、コモンルームはツインである。
であるから同性と同床を許すのであれば4人で行っても十分泊まれるスペースであった。
JWM-Master-Bed_c.jpgsub-bedroom.jpg
この異常な価格の理由は、「ホテルの会員クラブに入会してくれ」という説明会に2時間お付き合いしなければなら
ないという、広告&プロモーション価格なのである。ゆえに、同一人物は、一度きりしか行けない。この説明会が、
かなりしつこいのかと内心心配していたのだが、実にあっさりとしており、これと言って特に問題は無い。

JW Marriottはプーケットの島の北部に位置する陸の孤島である。ホテルでばかり遊んでいるとホテルにカモにされ
るので、車で1時間ばかしかけて、Patong Beachにも繰り出した。Patongはビーチ・リゾートというより、庶民的な"ビ
ーチ"で、Patongのスーパーで買えば30THBのビールがJWMでは150THBで売られているという凄まじいSpreadで
ある。またプーケット全体を通して言えるのが圧倒的な白人比率であり、日本人を含むアジア人はゼロではないもの
の影は薄い。

これは私だけの特典なのだが、体験ダイビングは、インスラクターの人件費分だけ通常のファンダイブよりも価格が
倍程度高くなる。DM氏はインスラクターライセンスを持っているので、その人件費はDM氏により無料化し、私は通常
のダイビング価格でお試しダイビングをしている。

100%DM氏による企画なのではあるが、この遊び方、一日あたり僅か250SGDで、KTV(シンガポールのキャバレー・
キャバクラ)で一晩500-1000SGD使って遊ぶよりもずっと安く、お洒落だとは思わんかね?

カップル・ご家族にもお勧めできるプランである。

DM氏とのタッグで仕入れた今回のTax Arbitrageの結果

Singapore 免税店
BEER 3本 7SGD
Jim Beam
タイ一般店
Marlbro Red 一箱 115THB
タイ免税店
Whisky2本

【日常生活のValuation関連記事】
2009.11.09: 子育て1人3000万円 その下限値に挑戦
2009.07.01: 人が気付いていないささやかな私の贅沢
2009.06.12: 殿方に問う なぜ給湯室を利用しないの?
2009.06.03: バス料金はPath Dependent Option
2009.05.19: 俺の欲しい車
2009.03.18: 歯磨き粉の買い物と債券Arbitrage
2008.12.29: Singaporeで買ったもの 半年間の固定資産消費総括
2008.12.18: 最強の称号 持たざるもの
2008.01.22: 流動性プレミアムは誰が払う?

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

最近のコメント

Twitter Updates