おいしいカレーの作り方

10代の頃、カレーは簡単なので何度も作ってきたが、どうも今ひとつの出来ばかりだった。まずくはないが、おいしくない。
そんな苦手意識もあって、今まで通ってこなかったカレーに挑戦じゃ。

エキゾ : 実家に帰ったとき、カレールーをもらってきた。
バリ君 : もらうほどのもんかよ。米はあるのか?
エキゾ : おたたさまがくれたんだ。断れるはずもなかろう。米ある。セロリとかにんにくも入れたほうがいいんかな
エキゾ : たまねぎ、じゃがいも、にんじん、豚肉は必須として・・・煮込む肉は牛筋肉か?
バリ君 : じゃがいもは好みが分かれる
エキゾ : ことこと煮込むカレー作ってみたい
バリ君 : 在宅勤務なら可能だな。あと、あれば炊飯器の保温機能。
エキゾ : 在宅勤務っつーか休みなんだよ。引きこもるから兵糧攻め対策でカレーとか良いかなーって思ってさ。

エキゾ : カレーの作り方 で検索しても流儀ありすぎてわからん。
バリ君 : 東京カレー番長見た?
エキゾ : うー今見たが・・・テクニカルな難しいのはいらん。どろっとしたビーフカレーつくってみたい。
バリ君 : ビーフカレー 肉はどこの部位?
エキゾ : 牛筋(fibrous)らしい。
バリ君 : 煮込むの大変だな
エキゾ : 煮込みに向いてるのはスジだろ。
バリ君 : 時間はかかるよ、トロトロにするには
エキゾ : どのくらいだ。
バリ君 : さっきオレが言った炊飯器調理が向いている
エキゾ : 暇だから時間はある。
バリ君 : あ、圧力鍋あったよな?
エキゾ : ある。
バリ君 : それ使えば楽勝
エキゾ : ちょっと待ってくれ。俺が実行に移すプランを書く。つっこみよろしく。
バリ君 : おk
エキゾ : たまねぎ、ニンジン、じゃがいも、にんにくをいためる。(圧力鍋に油を敷き、焦がさないように注意しながら)
バリ君 : ぶー
エキゾ : たまねぎがあめ色になってきたら、水を入れる。筋にく入れる。
バリ君 : ぶーぶー
エキゾ : 弱火で延々やる。次の日またやる。
バリ君 : ぶーぶーぶー
エキゾ : ルー入れる
エキゾ : 食べる。
エキゾ : おし、改善案頼む。

バリ君 : まず最初の炒め、たまねぎのみなるべく薄切りにして、時間短縮のためラップしてレンジでチン
バリ君 : その後サラダ油とバターで飴色に
エキゾ : みじん切りとは違うんか?
バリ君 : みじんでもいいが薄切りにした方が飴色にしやすいと、経験上
エキゾ : ふむ、それは何分かかる?
バリ君 : 最低30分
エキゾ : うむ 大丈夫だ。ありあまるほど時間がある。
バリ君 : レンジでチンした前提で、次。香味野菜をいためる
エキゾ : レンジで朕は何秒だ?

> ↑この変換が普通に出る俺PCってお洒落。レンジで朕。

バリ君 : 3分~5分くらいか?出力わからんけど
エキゾ : 結構長いな。じゃ、2分にしよう。
バリ君 : しっかり熱が通るまで で、次
エキゾ : ちょっとまて。作る量なんだが、カレールー一箱で10皿分、肉400g玉ねぎ3個(600g)
エキゾ : 玉ねぎ3個(600g)、ニンジン一本 200g、じゃがいも 2個 400g、がガイドラインなんだが。
エキゾ : 一回で10皿分でもOKだよな。作るのが面倒だ。
バリ君 : もちろん 具はゴロゴロしてるのが好み?オレはシンプルはだから、肉と玉ねぎだけだ。形が残ってるのは
バリ君 : じゃがいもはいれない。ジャガイモ入れる=家庭のカレー。ジャガイモ無し=店のカレー
エキゾ : 家庭のカレーCanです。
バリ君 : では続き
エキゾ : 香味野菜とは?
バリ君 : にんにくとかセロリとか
エキゾ : セロリどうしようか?にんにくは適当なスライス。
バリ君 : にんにく、セロリともにみじん切り、でこれをまずサラダ油でいためる
エキゾ : その際、たまねぎはどうすんだ?
バリ君 : さっきの飴色玉ねぎは別にとっておく
エキゾ : じゃ、フライパンでいためるほうがいいな。完成したら圧力鍋にぶち込む。
バリ君 : そうね で、香味野菜に火が通ってしんなりしたら、具材の野菜を投入
エキゾ : 10皿分だから、にんにくまるごと1個くらいぶちこむか?
バリ君 : それはちょっと多いきが
エキゾ : たまねぎは多めで4-5個入れようと思ってる。小さい玉ねぎだし。
バリ君 : 玉ねぎは飴色用と具用で半々だな
エキゾ : 具材とは、にんじんとじゃがいもだな?
バリ君 : あと玉ねぎ 最初にみじん切りした香味野菜を炒める
バリ君 : しんなりしてきたら、具材の人参、ジャガイモ、玉ねぎ(飴色とは別の)を投入してざっくり炒める
エキゾ : なに?あめ色と別??
バリ君 : うむ
エキゾ : 分量はどうするんだ?
バリ君 : 半々と言ったろう テキトーでいいけど
エキゾ : なるほど。あめ色小三個、生小二個くらいで勝負して見よう。
バリ君 : オレの場合は玉ねぎはすべて飴色にしてしまうが、お前が具ゴロゴロ系が好きだと言うので、今回はこのように
エキゾ : ちなみにセロリの分量は?最低単位、セロリ一本、ジャガイモ一袋だ。なるべく使い切りたい。
バリ君 : 茎の部分を一本分でいいんじゃねーか?
エキゾ : せろりってけっこう大きくなかったっけ?
バリ君 : 大きいけど、みじん切りにして炒めたら案外大したことない
エキゾ : 参考になりやす
バリ君 : 葉の部分は別にテキトーに使ってください
エキゾ : 捨てときます

バリ君 : で、次は肉
エキゾ : 真打登場。スジ肉だぞ。俺が使うのは。
バリ君 : これはできれば今までの工程と同時進行で普通の肉だったら野菜と一緒に炒めてOKなんだが
バリ君 : 今回はスジなのでまず鍋に水を張ってスジ投入沸かします。
バリ君 : で、お湯が沸騰したら、このお湯は灰汁がいっぱいなので全部捨てるスジは水荒い

バリ君 : 次、本番の煮込み
バリ君 : 圧力鍋に投入して、適度な時間圧力かけて煮込む。これは鍋にもよると思うから、何分とは一概に言えない
エキゾ : 水はひたひたになる程度でいいな?
バリ君 : いいんじゃないかな。このスープはあとで使う
エキゾ : 圧力鍋に投入して目的語は?肉だけか??
バリ君 : 肉がいい感じになったら、炒めた野菜、飴色玉ねぎを投入していっしょに煮込む
バリ君 : 圧力鍋は肉を柔らかくするだけと考えていい
エキゾ : なるほど。最初は肉だけ煮込むと。
バリ君 : 野菜に圧力鍋使ったら全部消えてなくなる
エキゾ : 良い感じって食えそうな感じってことだな?
バリ君 : うむ
バリ君 : 野菜を投入した後は圧力かけなくていいよ
エキゾ : みずと肉だけで煮込むのか・・・
バリ君 : あ、忘れてたけど最初に肉茹でるとき、臭み取りに野菜入れたりもする
バリ君 : さっきのセロリの葉っぱ部分とかにんにく一、二かけくらいでいいんじゃないか
エキゾ : まー、それは省略で良い。捨てるのが嫌いなんだ。なるほど。捨てるものを利用するのは悪くない。
バリ君 : これで全体を弱火で煮込んで、途中でルーを投入最後、コーヒーとかソースとかで好みで味を調整したり
エキゾ : 野菜と肉をドッキングしたあとの煮込みは何分くらいだ?
バリ君 : 野菜にだいたい火が通ることが目的なので、野菜の大きさによるな
エキゾ : しかし野菜は炒めてあるだろう?既に食えるものを煮ているのでは?
バリ君 : 炒めるっていっても、表面に軽く火が通る程度だよこれで煮込んだときの型崩れを予防する
バリ君 : 中までは火は通さない、ってか炒めてゴロゴロ野菜の中に火通すのはかなり大変
エキゾ : なるほどな。表面黒焦げになりそうだな。
バリ君 : そういうこと。だいたいの流れはこんな感じだ
エキゾ : じゃ、正味1時間くらいでできそうじゃないか。たまねぎと肉の煮込みをパラレルでやれば。
バリ君 : 1時間はちょっときびしいな。まぁ2時間見とけ。圧力鍋はそれが強い
バリ君 : 理想を言うと、最初の肉の下茹でのあと一回冷ますといいんだけどな
エキゾ : この2時間は、ほとんど肉の煮込みだな?水洗いするんだろ?嫌でも冷めるだろ。
バリ君 : 茹で汁に溶け込んでいる肉のうまみ成分がまた肉に戻る。冷める過程で
エキゾ : 水捨てる前に冷ますということか。では明日挑戦する。

と入念な指導の下、買い物に出動した。いきなり壁に当たる。いつも行く近所のスーパーは牛肉を扱っていないことに気づく
何インド人に気を使ってんだこのやろー! というか、俺この半年の料理で牛肉一回も使ってねーちゅーことか。
駅前まで出動するが牛肉の種類が少ない・・・、とりあえず、牛筋(fibrous)は見当たらない。いきなり欠航の危機!
まんま食ったらいかにもまずそうな牛肉 Shin/Shank これ、部位じゃなくてメーカー名?
見た目的にスジっぽそうだったからトライ。
セロリ一山1.7 じゃがいも5個 1.55、ニンニク一袋、2.3、怪しげな肉3.95×2で合計13.45SGDのダウンサ
イドで家路に着いた。

肉沸騰、確かに灰汁だ・・・。飴色の玉ねぎは・・・、飴色っツーか焦げて黒くなっただけのような気もするが気にせず続行。
野菜は大きめって、じゃがいも三等分はでかすぎたかな。見たこもねー具の大きさになっちょるが、煮崩れ織り込み済みで勝負。
煮込みは、圧力鍋で一時間。その後、野菜の山を投入したら、危うく鍋からあふれそうだったがギリギリセーフだ。

全工程3時間半をかけて、完成。じゃがいも、相変わらず、うざいぐらいデカイ。汁気がほとんどない・・・。
肉がどこに消えたんだ? かなり大きい塊だったのに・・・。
味は・・・、お? うまいぞー。 ありがとー。ルーをくれたおたたさまと、バリ君にシェーシェ。


【主婦の友関連記事】
2011.04.20: 飲み会で横にいて欲しい女、そして現実
2011.02.07: 賭博と国家と男と女 ~一夫多妻のすすめ
2011.01.13: ドケチ感覚は強制的に研ぎ澄まされるのか
2010.10.19: Around 40 ~注文の多い女たち
2010.06.22: 女が言えば、家事手伝いとお嫁さん、男が言うとニートとヒモ
2009.12.09: 可愛いペット
2009.09.03: 教育者としての主婦
2009.08.25: 離婚した妻に渡した金を取り返そうと画策する金持ち男
2009.07.03: 暴君の家庭
2009.05.08: 私はカネ目当てじゃない ~怒りの代償
2008.06.27: 感謝の言葉を忘れない男
2008.06.26: 意外にもFeminism?


Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

最近のコメント

Twitter Updates