歴史を騒がせた悪女たち6/7 ~東洋の悪女

楊貴妃 唐王朝を惑わせた傾国の美女

クリスマスには、シティホテルがカップルで満杯になるとか、ティファニーのオープンハートが売り切れになるという話を聞
いた時、大げさな、と私は半信半疑だった。宝石にディナーに高級シティホテル、これすべて男性が支払うのだという。
女の子達もやってくれるものだ。『結婚しない女』という言葉が流行り、経済的なことを男に頼って生きるのはもうやめよう
媚びたりしないで、自力で清く生きていこう、と女たちがシュプレヒコールしたのは、まだつい最近だったような気がすると
いうのに・・・。女というものは、わたし自身も含めてなかなかずるい生き物である。媚びてなんかいないわよ、と言いなが
ら、百の理屈より、一度の甘い微笑のほうが、男を動かす力を持っていることをよく知っている。そして仕事の上でも、ここ
ぞという時には、無意識のうちにその力をつかっている。

>ずるいというか、怠惰なんだよ。男も含めて、そういうもんだろ。

俗に美人は3日で飽きるという。どれほど美しい女性であろうと、単に美しいというだけでは面白くない。それに世界最高の
美女などというものは、本当は存在しない。人の好みも千差万別、要は誰にとって世界一の美女であるかが問題なのだ

>(゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ
>美しい は形容詞だからねぇ、男の主観ですな。

後宮というハーレムを持つ男を長くとらえておくのは至難の業だったに違いない。楊貴妃が悪女だったとわたしが思うの
はそこのところだ。人の良い善良な性格の持ち主だったとすれば玄宗をさっさと別の女に奪われていただろう。現に、玄
宗の愛を楊貴妃と競ったとされる梅妃は、欲のない性格だったがために楊貴妃の策略で後宮から追い出されている。
梅妃はやさしく知性的な性格の持ち主だったらしく、楊貴妃の出現を悲しく思いながらも、特に目立った妨害はしなかった
ようだ。が、楊貴妃の方は違った。玄宗が梅妃の住まいへ行ったと知ると、そこへ押しかけ、あわてて梅妃を隠した玄宗を
責め立てた。楊貴妃の激しい嫉妬は、玄宗が梅妃を宮廷から遠く追いやるまでおさまらなかった。しかしもちろん、楊貴妃
はがむしゃらに玄宗を責め立てたわけではない。そんなことをすれば玄宗は彼女をうっとおしく思い、やさしい梅妃の方に
いっそう心を惹かれていっただろう。玄宗の自分に対する愛、嫉妬見せる頃合、やり方、すべてを的確に計算した上で、楊
貴妃はライバルの館にまで押し入ったのである。そのくらいの計算ができるようでなければ、後宮のナンバーワン女性には
なれない。クレオパトラも伝えられているほどの美女ではなかったという説があるが、楊貴妃の場合も、美しさ以外の要素
が大きかったのではないかと、わたしは想像する。


桂昌院 五代将軍綱吉と徳川幕府を操った大奥の女将軍

成田離婚という言葉がある。海外に新婚旅行へ行き、成田空港へ帰ってくるやいなや離婚してしまうことで、近頃では早
期離婚の代名詞として使われているようだ。この成田離婚の原因に男性のマザー・コンプレックスというのが大きな比重を
占めているという。誰にでもある程度のマザ・コン、ファザ・コンがあって不思議はないが、それも度を越すようでは困る。
日母親に電話する、週末は決まって実家へ行きたがる、母親の意見には無条件に従う
、というような男性では、のしをつけ
て"ママ"のもとにたたき返したくなるのも無理はない。

> マザコン論争か・・・。たたき返したくなってどうする? たたき返すか? ならたたき返されてやるけど。

結婚してもセックスができない、したいとも思わない、という男性も増えているそうだが、これも極度のマザ・コンから来る場
合があるらしい。こういう男性にとって、女性は欲望や尊敬の対象ではなく、ただ自分の世話を焼き、いたわってくれる存在
として必要なだけなのだろう。ではどうやったら、こんなマザ・コン男性をつかまずにすむか。これが実はなかなか難しい。
なにしろ彼らは、母親によって大事にていねいにつくりあげられた男達である。いい大学を出ていい会社に入っていても不
思議は無い。明るく清潔でいかにも育ちの良いエリート風、デートの際のマナーもスマートだったりするからやっかい
だ。

> 笑える・・・洋ちゃんそう怒るなよ・・・嫌な思い出でもあるのかいな?

「この子は末頼もしい。良い師を選んで十分に学ばせてやってくれ」と家光が整然、しみじみとお玉(桂昌院)に言ったほどで
ある。その言葉を支えに桂昌院は熱心な教育ママになった。べったりとそばについて、儒教を中心とする学問に励ませた。
現代でもマザコンになるのは父親不在、または不在同様の家庭で育った男性が多いというが、徳松の場合、まさしくそうい
った家庭環境だったといえるだろう。しかも母の桂昌院は、ほかに生き甲斐を許されない身である。その母子癒着ぶりもな
みたいではなかったに違いない。

> こういうヤツが一番困るんだよ。良妻賢母は結構なんだが変なんだよ。やっぱり。だから生類憐れみの令とか出しちゃうわけ。
> 家にいたら嫌になってくるだろ? またこういうのに権力持たせると民が犠牲になる。合理的な判断できないトップだから。
> 俺の主張をサポートする良い例だな。桂昌院。

【アジア関連記事】
2011.02.23: アジア発展の構図 ~アジア地域の特徴 1/4
2010.08.03: 一族家の教育 ~いろはにほへと
2010.04.20: アジアンルーレット
2010.01.14: 転がる香港に苔は生えない
2009.11.30: アジア情勢を読む地図
2009.10.19: 世界の大学ランキング
2009.09.10: オタク川柳
2009.03.10: アジア金融適性テスト
2008.11.14: 国際観光動向考察による人民誘致戦略
2008.08.21: 東南アジア横断 ~総括 アジア覇者への道
2008.06.02: 男のロマン
2008.02.11: 通貨制度 ~Free Floatを探せ

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

最近のコメント

Twitter Updates