孫文 1/5 ~武装蜂起

条約によって、台湾は日本に割譲されることになった。清国は日本に銀2億両(テール)を賠償金として支払うことになっていた。戦争直前の光緒17年(1891年)、清国の歳入は8968万両で歳出7935万両であった。この戦いでは清国兵は一歩も日本の領土を踏んでいない。それなのに国家歳入の2倍以上の賠償金を支払わされる。 「これから50年以上は貧乏暮らしだな。」 そんな声が台湾でも聞かれた。抵抗派は「清」という国号を使わないことにした。そして「台湾民主国」をつくり、国旗まで制定した。黄虎旗である。清の国旗は黄龍であったのだ。台湾民主国の国民として、日本に抵抗する段には、清国政府に塁を及ぼすことは無いはずである。アジアで最初の共和国であって、その成立は陽暦にして5月25日で巡撫の唐景崧が総統に推された。

すべての結社が禁止されているのだから、天地会だけではなく宗教的な集会も、それを組織する団体は厳密にいえば違法であった。だが普段は宗教関係は大目に見られていたようである。宗教を隠れ蓑にして結社をつくることが多かった。清末には「水夫説教の禁」がしばしば出されている。水夫はいつも他郷に出ているので、大きな組織の成員になておれば、どこへ行っても心強い。だから船乗りはたいてい宗教団体のメンバーになっていた。一説にはこれが秘密結社「青幇」の起源であるという。

華甲とは還暦のことである。「華」という字を分解すれば6個の10と1個の1の時からなっている。還暦はかぞえ年で61なのだ。

ううっ書かないとわからない・・・
++

+++

か・・

孫文は香港を愛していた。複雑な愛し方である。ここでは満州人に対してどんなに悪口を言ってもかまわない。清国皇帝を罵っても警察は笑っているだけである。権威に反抗する性格の孫文はこんなところが好きであった。だがここは英領の植民地であり、清朝の権威は無視しても良いが、イギリスの権威は絶えず意識しなければならない。植民地のあるじは、さまざまな差別を設けて、おのれの権威を主張する。孫文はそれが大きらいであった。香港には「宵禁令」という法律があった。1842年10月に出され、「午後11時以後は外出することを禁じる」とあり告示の相手は、訳文には「凡そ汝華人居民」とあるからイギリスには適用されない。翌年から10時に繰り上がり、さらに船から上陸する場合は9時となっていた。「宵禁令」が廃止されたのは1897年6月のことで、夜間外出禁止という不自由な状態は、実に55年も続いたのである。

やはり中国は第一に農業だよ。 孫文はいつもそう言っていた。そのころ中国の近代化を主張する人たちは近代化による「富国強兵」、それも「強兵」に重点を置いていた。洋務派(李鵬章らは近代化をはかる人たち)は、「兵」(軍備)が大切だといい、鄭観応は兵よりも「商工」だといい、孫文はそれよりも「農」だという。それで広州の連絡所に「農学会」の看板をかけていたのだ。
 清国は密偵を置くことはできても香港では警察権を行使することはできない。韋宝珊は広州の緝捕委員の李家婥に電報した。彼は逮捕権を持つ、清の警察の要人だったのである。主犯は孫文だと名指ししていた。

清国本土での反政府活動が困難であるから当分の間、中国人の多く住む「外地」を活動の舞台とせざるを得ない。もちろん香港が最大の基地だが、孫文たちは5年間の在留禁止の処分を受けている。イギリス当局も清国と正式の国交があるので香港における反清運動を野放しにするわけにはいかない。孫文はそこで反清運動の基地として日本を選んだのである。ただ日本にすむ中国人の数がそれほど多くないのが気がかりであった。日清戦争で、もともと少なかった中国人の人口が激減したがこれはすぐに回復した。それでも横浜、神戸、大坂、長崎をあわせて3000に満たないのである。これに比べると香港は9割以上が中国人である。安南(ベトナム)、シンガポール、マライ、シャム(タイ)、フィリピン、インドネシア、さらにビルマには何千万の中国人が居住している。3000という数はこれに比べるといかにも少なすぎる。

benpatsu.jpg

辮髪は清国人のシンボルといってよい。これは満州族の風習を漢族に強制したのである。辮髪にするためには後頭部以外の頭髪を剃らねばならない。1644年、新は北京を落とした翌日には「薙髪令」を出した。男はすべて髪を剃って後頭部のみを残せという命令である。「神を剃らない者は首を切る」というから有無を言わせない強制だった。この簡単な弁別法は清の威令g届く地域だけに有効であった。だから英領となった香港では辮髪する必要はない。だが香港在留の人はまだ本土の往来が頻繁なので辮髪のままの人が大部分である。ただし、本土へ帰ることをあきらめた人は辮髪を切ってしまっても良いわけだ。ハワイの唐人も故郷とは往来が疎遠になってもいつかは帰れると思ってやはり辮髪を残している。

出た-っ!陳舜臣のこだわりっ! 中国人じゃなくて、唐人だって。そうだよね、中国建国以前に中国人って概念は無いわw

【紳士な恫喝術】
2013.03.19 タイ全土落下傘計画 13/17 ~チャンラーイのご家族と
2012.06.27 ウォールストリートの歴史 4/8 ~モルガン
2012.01.23|購買力平価で計れば日本は決して豊かではない?
2011.11.28: 利休にたずねよ1/4 ~秀吉のいちやもん
2011.09.08: 投資詐欺 3/3 本職
2011.02.18: 最強ヘッジファンド LTCMの興亡 ~最高の投資機会
2011.01.04: ※注:アジア系の怖い人は来ません!
2010.09.17: 私、写真写り悪いんです
2010.07.06: 夫婦で読むデリオタブログ ~主婦の存在意義と無言の圧力の源泉
2009.11.17: 巨額暗黒資金 全日空M資金スキャンダル2
2009.06.19: プーチンのロシア
2008.07.09: 妹が見た悪夢



Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

最近のコメント

Twitter Updates