差別と日本人

アメラジアンとは、米軍基地に居る米兵と沖縄の女性の間に生まれた子たちのことだが、この子供たちは教育を受ける権利を保障されていない。何とかしてほしいと、浜四津敏子議員からお願いされ、予算が付くように動いたこともある。

部落差別とは、「部落」というレッテルを貼り、差別することである。差別とは、富を一人占めしたい者が他者を排除するために使う手段である。そして、この差別はする側になんとも言えない優越感を与える享楽でもある。

文章が不明確だと思わないか?
差別とは、被差別者が富を一人占めし、差別者を排除するために使う手段である。

野中さんが生まれたころ、部落差別は日常の生活に深くしみついていた。例えば、教科書の副読本(文部省検定済)の中に、「人を害して面白しと思ふは禽獣(鳥やけだもの)のしわざにて、人間にてはなく、日本にて罪人を切りし候は穢多こそ致し候へ・・・」と書かれ、四本指(人間以下の四足の獣の意)をかかげる身体表現を使って貶めたりした。地図には平然と穢多山、穢多ガ峠と差別的地名が記された。また死んでも一般人と同じ墓地には埋葬されず、戒名も与えられず、与えられても「ト(下のまた下の意)」「畜男」「畜女」などと記されることがあった。



関東大震災発生直後、「朝鮮人が火をつけた」「井戸に毒を入れた」という流言を口実に、厳戒令が発動された。そして官民一体となった朝鮮人への迫害と、その帰結としての虐殺が始まった。

逆らい難い大きな災害に対する絶望感は、いつの時代もスケープゴートを必要とする。2011年になっても民は変わらず、東電社員の給料が高すぎるなどという世論がメディアで流されていたという滑稽な状況だったようだ。

オウム真理教関係者による様々な犯罪が明るみに出ると同時に、インターネットでは教祖である麻原彰晃は「部落民だ」「朝鮮人だ」という言説がまことしやかに流れた。これは何もオウム関連の事件に限ったことではない。凶悪犯罪が起きる度に、都市伝説のように流される。これは、マスコミが「犯人は外国人風」と報道するのと同じである。

人名検索でグーグルすると検索候補に決まってあがるのが "在日" だね。

90年代前半から、文部省の指導で教育現場では「日の丸」の掲揚、「君が代」斉唱が義務付けられた。その結果、現場では思想信条の自由を求めて、対立や混乱が続発した。1999年には、そのような混乱にさらに拍車をかけるように国旗国歌法案が可決された。その法文では、強制ではないとしながらも「第一条 国旗は日章旗とする。第二条 国歌は君が代とする。」と国旗国歌が初めて明文化された。その結果ますます実質的な強制は加速され、反対した教師への制裁、イヤガラセ人事が続発し、今も続いている。

1917年(大正6年)、「神武天皇陵」を上から見下ろす位置にあった洞部落の200戸余りの人々は、強制移住を強いられた。神武天皇陵は1863年(文久3年)幕府が造営し、1890年(明治23年)、橿原神宮が作られた。1913年、『皇陵史稿』には、「神武天皇陵に面したところに新平民の墓がある。土葬なので、その醜骸が、この神聖な地に埋められている。」このままだと「霊山と御陵の間は、穢多の家で充填され、醜骸は霊山の全部を侵食する」と述べている。部落は、土地を宮内庁に献上するという形をとり、1920年、移転を終えた。しかし、移転先に田畑などは無く、墓も「遺骸」も根こそぎ掘り起こされ運ばれた。埋葬後10年経っても遺骸はまだ原型をとどめており、とうもろこしの気のような遺髪を部落の人々は自らの手でまとめた。埋葬して2,3年しか経っていないものは腐敗臭もあり、それを担ぎ、排斥運動のあった一般の村を避けて遠回りをして移動させられていった。

新井将敬(元衆議院議員) 1948(昭和23)年大阪市生まれ、16歳生まれ、16歳の時に日本国籍を取得。1983年の衆議院議員総選挙に東京2区から初出馬するも落選。この選挙で対立候補であった石原新太郎陣営から新井の出自を誹謗する黒シールを選挙ポスターに貼られるという事件が起こり、石原を告訴している。(当時は中選挙区制で、自民党から複数の立候補があったが、票を取りあうために党内での妨害が凄まじかった。後に告訴取り下げ) 石原は当初は「秘書が勝手にやった」と発言していたが、民族的出自を誹謗したことに関しては「選挙民は立候補した人のパーソナルヒストリーを知る権利がある」として恥じることが無かった。

Jehanne-Darc_c.jpg

野中「女性をじいっと観察していると5、6人の中に必ずボスが一人おる。まず、このボスを手なずけようと、お茶に誘った。『俺は責任は任されているけど、年は若いし田舎もんだ。気がつかんけど、教えてくださいよ』と言うた。すると、『そんな歳でこれだけの女性を扱うのは大変よ。私らが助けるからあんた頑張りなさいよ。あんたエースだから』とか励ましてくれた。それから気をよくしてやってくれるようになったですよ。それにしても女性って言うのは特定の女性に例えばティッシュちょうだいって言うだけでも、もうダメなんだね。『野中さんのことはあの子がやるんだから私たちは知らない』ってことになってしまう。」

麻生太郎自民党政調会長(当時)は、2003年5月、東京大学の学園祭で「創氏改名は朝鮮人が望んだ」と発言した。麻生財閥を構成する企業の一つ、麻生鉱業は、強制連行されてきた朝鮮人を強制労働に着かせ、消耗品の労働力としてその命を紙屑のように扱った。1945年までに麻生系の炭鉱に連行された朝鮮人は10000人を越える。

aso-taro.jpg

麻生太郎が3月12日の大勇会の会合で「野中やらAやらBやらは部落の人間だ。だからあんなのが総理になってどうするんだい。ワッハッハッハ」と笑っていた辛 麻生さんというの自民党の中でもそういう発言をする人なんですか
そうだろうね、実際そう思っているんでしょ。朝鮮人と部落民を死ぬほどこき使って金儲けしてきた人間だから。彼が初めて選挙に出た時、福岡の飯塚の駅前で「下々の皆さん」って演説した。これが批判を受けて選挙に落ちたんだ。彼はずうっとそういう感覚なんですよね。
辛 飯塚って在日も部落の人もたくさん住んでいるところですからね。
何の疑問も無しにそう言うんだ。不幸な人だ。一国のトップに立つべき人じゃない。

差別と日本人 (角川oneテーマ21 A 100)差別と日本人 (角川oneテーマ21 A 100)
辛 淑玉 野中 広務

角川グループパブリッシング 2009-06-10
売り上げランキング : 169836

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【差別被差別構造】
2013.05.10 わが闘争 上 民族主義的世界観 7/7 ~賛同しかねる民族規定
2013.03.18 藤原氏の正体 4/4 ~藤原とお公家
2013.01.22|民族世界地図 2/2
2012.03.12 同和中毒都市
2012.01.27: 話題の大阪の地域別所得は
2011.07.15: 松本復興相、宮城県の村井知事を叱責
2011.04.22: 美智子さまと皇族たち1/4 ~天皇制と皇室
2011.02.28: アジア発展の構図 ~ASEANの発展 3/4
2010.09.27: 世界四大宗教の経済学 ~ユダヤ批判
2010.08.10: 母と差別
2010.04.02: 野中広務 差別と権力 ~被差別の成立
2009.07.15: 無差別な世界に思える国際都市
2008.01.09: どうでも良い芸能ネタも外人相手だと





Track Back

Track Back URL

Comments [2]

創氏改名は強制された?炭鉱に強制連行された?
それに対しての一次資料はどこにあるんです?
歴史を検証する時には一次資料を見て判断しましょう。
証言だけの差別利権者のプロパガンダの片棒を担ぐことになりますよ。
当時の朝鮮半島の情勢をどれだけしっているのですか?
済州島四・三事件や白丁、朝鮮進駐軍という言葉を知っていますか?
なぜ創氏改名させられたというのに通名を使い続けるのですか?
なぜ強制連行されたというのに未だに半島へ帰らないのですか?
当時の官報や新聞報道を見たことがありますか?
まずは一次資料をおさめた簡単な本から読む事をオススメします。


ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実
ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

最近のコメント

Twitter Updates