第5次タイ攻略 後編 11/14~チェンマイ入り

明日からチェンマイ、家族の車、3日までなら使ってOK、ついでに5000THBの特別小遣いをくれとお母さんにお願いしたら、弟が「みんな真面目に農作業している中、遊んでいる奴に、そんなものやる必要ない!」と喧嘩になったようだ。当然だ。お姉さんであるリーラムは大卒で、シンガポールでも働いたことがある国際感覚を持っているが、お父様、お母様、弟は、この地しか知らない農民だ! 昨日、弟は私とリーラムが英語で話しているところを見ているではないか。お姉さんは大学を出ていて英語も話せる。弟からしたら、お姉さんはその分、現金で家族に貢献して当然だ。それに使わない余分な車など保有している余裕は無いはずだ。

5000THBと車を家族に返すんだ。チェンマイで遊ぶ金は俺が出す。チェンマイへはバスで移動する。心配するな。」


Liからチェンマイへの民的移動 総移動距離150km、所要時間4時間、総額154THB/人

・Liからランプーンまで民バス、ただバスと呼ばれているがソンテウ(軽トラの後部に座席が作られた乗り物) 2時間ほどで60THB。
・ランプーンからチェンマイまでミニバス、ワゴン車。30分ほど22THB。ただし荷物分も取られて88THB。最大で16人乗っていました。
・チェンマイ内でソンテウ、2人で貸切でナイトバザールへ、10分で100THB。高い! でもリーラムがついてこの値段だから適正価格なのでしょう。

Byakuyakou-ep06-1306.jpg

ソンテウは国道106号沿いを走っているようで、リゾートから徒歩2分で国道106号に着き、待つこと10分でソンテウが現れます。10分間隔なのでそれほど田舎ではないと思われるかもしれませんが、宿泊していたリゾートが106号沿いにあるだけで、リーラムの実家、すなわちリーの真の農村部は106号から車で30分ほど走った山岳部にあります。そこまでの公共交通機関は・・・不明ですが、多分存在しますw 延べで30人ほどは乗ったかもしれないですが、ソンテウなので、すぐに降りる客も多く、その場合は10THBだけです。私達だけがランプーンまでしつこく2時間も乗っており、60THBの太客なので、総売上で400-600THBといったところでしょう。100km以上の道程であり、ガソリン代だけでも100THBではまず不可能で200-300THBはかかるでしょう。2-3時間なので、一日2往復も難しい、がんばって2往復。それでもガソリン代のみをコストとした利益が1000THB。車の減価償却や整備などを考えると鬼のように厳しいビジネスです

ランプーンのど真ん中(だと思う) ハリプンチャ博物館までソンテウで行ってもらい、そこから乗り換えです。これでもか、というほど人間を詰め込んで走ります。ぎゅうぎゅうというくらいなので、総売上400THBで30分、ガソリン代控除後の日当で2000THBは行きそうなので、こちらは悪くなさそうな商売です。車の減価償却と修繕費を控除してもまだ儲かるので、地元ヤクザにピンはねされる分があるでしょう。さらにチェンマイの街についてからソンテウで。これなどは警察とヤクザへの貢ぎだけで価格形成されているといっても過言ではないような割高なお値段です。

ナイト・バザール近くのホテルへ

Night Bazaar Place 一泊900THB。悪くないお値段です。セブンイレブン・スターバックス・ピザハットなどは目の前、マクドナルド・バーガーキング・ハーゲンダッツなども5分のところにあるという外人Placeです。夜歩くと「ここはアジアですか?」というほど白人が溢れており、タイ人の存在感もないほどに白人だらけ。バンコク・パッポン<パタヤ・ビーチロード<プーケット<チェンマイ、というくらい強烈な白人率です。バーも白人で占拠されており、ちょっと飲む気がしない・・・というくらいすごい。ただ、日本人カラオケも徒歩圏に存在することが分かっています。余計なことを言って、リーラムの機嫌が1ミリでも悪くなると嫌なので、今回は一切行けませんが、ナイトバザールは日本人カラオケにもアクセスは悪くないと言っておきましょう。「タイにそれだけ行っていながら、チェンマイ初めて?」という友人達の反応も納得の観光地です。

リーラムが付いているチェンマイ・ライフは、パタヤ1号が付いているパタヤと同様、きわめて真面目な過ごし方となる。米国市場が史上最高値を更新中なので、それに伴い日本市場も好調に上がっており、昼夜問わず、日本市場と米国市場で取引していたこともある。またマッサージ・パーラーや日本人カラオケで遊ぶなら、バンコクの方が質・量ともに多いであろう。なので基本は、

朝~昼:日本市場
昼~夕:昼飯、マッサージ、昼寝、ホテルでビール
夜:夕飯、散歩、米国市場

でダラダラ過ごしていた。二人で過ごしているのだが、このような地味な過ごし方だとホテル代を除くと、2人分全額支払っても500-1000THB/日の範囲でしかお金が減らない。ホテルの近所に地味にタイ料理を食べ、ホテルで部屋飲みしてればこんなものしかかからないわなぁ・・・。

【日常生活のValuation関連記事】
2013.08.21 ジャカルタ・リラクゼーション・アワー 8/16 ~KOSTの生活
2012.12.26 第二次ジャカルタ攻略 11/11 ~2時間160円のキャバ
2012.11.08 北京・ハルビンに行ってきました 10/13 ~頤和園・ハルビンへの列車
2011.10.11: IKEAの机は無事完成しました
2011.08.24: 体重のイントラデイ増減
2011.03.14: ガンダム1年戦争 ~を読む前に 0/4
2010.03.08: プーケット旅行 ~Luxuryなホテルに安く泊まる
2009.11.09: 子育て1人3000万円 その下限値に挑戦
2009.07.01: 人が気付いていないささやかな私の贅沢
2009.06.03: バス料金はPath Dependent Option
2009.05.29: TAXI やめました
2008.12.29: Singaporeで買ったもの 半年間の固定資産消費総括
2008.01.22: 流動性プレミアムは誰が払う?



Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

最近のコメント

Twitter Updates