性欲の科学 3/3~支配しているのは女性

男性作家が書く官能小説は、ほとんどすべてが、ペニスの長さを半インチ単位まできっちり描いているのに、ロマンス小説では、長さが明かされることはめったにない。男の象徴の実際の見た目は重視されていないのだ。それよりも奇妙なことだが、ペニス内部の血液の働きのほうが、はるかに重視されている。クリスティン・フィーハンの「激しく燃えて」に、こんな一節がある。「血が彼のペニスに湧き上がり、どんどん熱くなる。大丈夫かしら、こんなに熱くなって」。そしてヒロインがヒーローにキスをすると、「血は彼の肉棒の中でドクドクと音を立てた」。シロ・ウォーカーの「ジプシーの炎に触れて」にも「彼のペニスが奮い立った。ペニスの中で、血が激しくドクドクいっている」。「アラインの血がペニスの中で、ドクドクと激しく波打つ」。エレン・サーブルの「炎の日々」では「血が彼のペニスの中を勢いよく流れ」始めてから、「ペニスが熱い血で脈打ち、勃起する」までの様子が描かれている。

男性は、どのセクシュアルキューでも興奮する、ひとつのキューだけで性的興奮にいたる能力を「ORのパワー」と呼んでいる。ナイスな胸でもいいし、むっちりなお尻でもいい。ミルフでもいいし、おしゃれなヒール靴でもいい。しかし、女性はもっと要求が多い、心理的な性的興奮を認めるまでに、たくさんの判断基準をクリアする必要がある。夫になる男は、経済的に不安がなく、なおかついい父親になりそうで、なおかつ自信に満ち溢れていなければならない。このように、複数の基準を充たして始めて反応を起こす能力を「ANDのパワー」と呼んでいる。

あなたがストレートの男性なら男同士のセックスを描いたゲイポルノは、生理的嫌悪感を覚えて、とても見る気にならないかもしれない。しかし、もし勉強のつもりでちょっと見てみるなら、女性がポルノを見たときの気持ちを味わういい機会になる。つまり、体のパーツのクローズアップがあまりにも多くて、あまりにもどぎついように思えるのだ。

ウケの男は、服従することに官能的な悦びを覚えるタイプなのだろうか? これは単純に答えられる問題ではないようだ。「実際に主導権を握っているのは、ウケのほうだよ。ウケがペースを決めるし、ウケが入り口の番人を務める。女だってそうでしょ。セックスがどんなものになるかは女次第なんだよ。ウケは進んで支配される立場に身をおくのよ」。ゲイのほとんどが、セックスの先導役を務めるのはウケのほうだと認めている。

Jojo-32-046-Yamagishi-kirifuda.jpg


罪の意識に快感を覚えるのが、進化によるものではなく、社会化の産物でも無いとしたら、人はなぜやってはいけないことをやるのにワクワクするのだろうか? 人間の内臓神経系は、自律神経系と呼ばれ、消化や呼吸、唾液分泌をはじめ、体内の無意識化のさまざまな働きを管理している。内臓神経系の一つに交感神経系というのはあって、それが「闘争・逃避反応」を担当している。人間は何か恐ろしい事態、危険な状況に直面すると、交感神経系が働いて体の準備態勢を整える。心拍数が上がり、筋肉への血流が増え、呼吸が深くなる。恐ろしい事態と戦う、あるいは逃げ出す準備を整えるのだ。しかし交換神経系が担当している大事な身体反応がもう一つある。オルガスムだ。人間が罪の意識に性的興奮を覚えるのにも、交感神経系が関与しているのではないだろうか?

アングロサクソン系の国を中心とした9つの国の約24000人の子供について検査したところ、約3%の子供が、父親とされている男が本当の父親ではないことが判明した。つまり、父親達の30人に1人が、知らないうちに他人の子供を育てていたことになる。2007~2008年の間に約3500件の父子鑑定依頼が英国児童扶養機関に持ち込まれた。父親達が、自分は実の父親では無いかもしれないと疑ったのだ。鑑定の結果、約19%の父親が、子供の実の父親ではないことが判明した。

うん、僕も原則信じていない。誰がどう見ても親子だろというほど激似の確率はそれほど高くないが、そうで無い限りは原則、父親別仮説を否定しない。

ポルノが、そうした女性の快感を明確に示すシーンを描くのはなぜだろうか?そうしたシーンが女性の視聴者のためじゃないことは確かだ。女性たちがこんな会話を交わしていた。「女って、あの程度でオルガスムに達すると思われているのかしら?顔に射精された時までオルガスムなんてヘンよね。」女性の快感は男性の心をとらえて欲情させる強力なキューの一つなのだ。

男性だけでなく女性も「本物」を重視するが、重視するポイントが異なる。女性は感情面で本物にこだわる。「彼は本当にアルファ・メール?それともナンパアーティストのテクニックを学んだだけ?」「彼は『愛してる』って言うけど、本気なの?それともベッドに誘おうとしているだけ?」 一方、男性は肉体面で「本物」を重視する。」彼女の胸は本当にあの大きさ?それともヴィクトリア・シークレットのプッシュアップブラをつけてるだけ?」「彼女は本当に25歳?それとも若作りしているだけ?」「彼女の表情は本物の快感の表れ?それともふりをしている?」

たいていの場合、男は「支配」と「優位」を追い求めるが、女は「合意」と「平等」を追い求める。こうした違いがあるのは、男性はテストステロンの働きによって社会的支配への意欲が高まるが、女性にはそれが無いからでは無いだろうか。女性は、相手には支配的な地位であることを望む。しかし、他の女性を打ち負かして自分がアルファ・フィーメールになろうと野心を燃やす女性はほとんどいない。もちろん、成功しようという意欲のある女性はたくさんいる。選挙戦を戦ったヒラリー・クリントンやサラ・ペイリンを見れば、政治的信念を持つ女性たちも、トップの座を強く志向していることが分かる。しかし女性は一般的に、体のぶつかり合いや個人的な衝突を避け、結束した人間関係を築こうとする。こうした女性たちの行動を、心理学者は「世話・仲間作り」行動と呼び、「闘争・逃避」反応と区別している。しかし、もしあなたが女性にテストステロンを投与したら、そうした行動にも変化が見られる。もっと攻撃的になり、もっと冒険するようになる。そしてもちろん性欲も強まる。女性用バイ○グラがすでに作られているが、その薬剤には血中テストステロン値を高める働きがある

しかし、テストステロンを補わなくても、誘惑されるより誘惑するほうが好きだという女性はたくさんいる。アメリカでは2001~2005年に、約250人の女性教師が、性的不品行を理由に教員免許を剥奪されている。彼女たちは生徒に手を出したのだ。ちなみにこの数値は生徒に手を出した男性教師の数の9倍に上っている。

【昔の思い出】
2014.08.12 いびつな絆 関東連合の真実 3/3~目立ったら最期
2014.06.04 相場観の無さは、大学時代から既に 1/2 ~あっ、俺には才能が無い!
2013.10.09 ジャカルタ・リラクゼーション・アワー 15/16 ~悲しい女
2012.12.10 ウルフっぽく髪を切ってみました、今時のウルフって
2012.10.02 目が逢う瞬間 近代派歌謡曲の音節と歌詞について
2012.02.10|東電OL殺人事件 2/2 ~容疑者と現場
2011.06.15: 名作ドラマ 高校教師
2010.08.12: アルツと私 ~病魔の果てに辿り着いたところ
2010.02.15: 通信隊 それは陸のOff-Shore
2010.01.06: ミゼラブルキヨシ
2009.10.28: 女の好みも時と共に成長する
2009.04.08: 試験の評価がスペシャリストを殺す
2009.02.13: 女系家族の掟
2009.02.06: 博打における女性誘致
2008.08.07: 子供のための動物園だよね
2008.08.06: 老後もアマくない日本の現実
2008.08.05: 一族の素敵な仲間たち

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

最近のコメント

Twitter Updates