溶ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録 1/4~疑惑の数学的センス

マリーナ・ベイ・サンズは単なるリゾートホテルではない。このホテルの中にあるカジノでは、ギャンブラーたちが大金を手にするべく、日夜しのぎを削っていた。なぜ私がこのゴージャスなホテルで20億円分ものチップを積んで勝負に挑まなければならなかったのか、それには理由がある。10年5月以来、私は大王製紙社長としてグループ企業から巨額の資金を借り入れる裏技を常態化させていた。その大半は、すでにマカオのカジノ「ギャラクシー」や「ウィン・マカオ」で失ってしまっている。11年5月の時点で、グループ企業から借り入れたカネの総額は実に50億円を超えていた

Macau-Casino-City.jpg

バカラで5時間かけて勝負した結果、500万円が1000万円に膨らんだ。ならば10時間かければ1000万円を2000万円にまで増やせるはずだ。運とツキさえ回ってくれば、500万円を5億円に増やすことだってできる。現に150万円を4時間半で22億円にしたことだってあるじゃないか。目の前にある20億円を30億円、40億円にまで増やし、今までの借金をすべて取り返すことだってできるはずだ-」

運と偶然性のみが支配するバカラの勝負に、私は全生命をかけて挑んだ。目の前に積まれた20億円によって、カジノ史上誰も成功させたことがない奇跡を呼び起こすのだ。そして私は伝説を作る。目の前で開きかけた地獄の釜を、わが強運によって轟音高らかに閉じてみせる。だがひとたび開いてしまった地獄の釜の蓋は、二度と閉じることはなかった。48時間の死闘が終わったとき、私は煮えたぎる溶鉱炉のごとき奈落で溶解していた。

確かに伝説の男にはなりましたけどね…。カジノ史上誰も成功させたことがない奇跡は来ないんですwだってご自身で書いている通り、20億円の勝ちを手に入れるまで100億円かかったでしょ?


現に150万円を4時間半で22億円にしたことだってある

超ハイローラー席で打ったことは、さすがにないが、ダブルアップのリミットは一般席と同じ1000倍(10連勝まで許容する)と推測できる。

運とツキさえ回ってくれば、500万円を5億円に増やすことだってできる。

という台詞は、

2008.12.01 裏か表の10連敗の確率

で書いた、「ギャンブラーの過ち2」=「1/2の確率のゲームを一晩中やった時、10連勝する確率は1/1024より高い」だが、いわゆる「必然の偶然性」に対する理解が足りていない証拠だ。

5時間かけて勝負した結果、500万円が1000万円に膨らんだ。ならば10時間かければ1000万円を2000万円にまで増やせるはずだ。

という台詞は

2008.08.01 Gambler心得

で言及しているように、「数学的には、勝負は1回で終わらせるべきです。10,000の資金を一発勝負で全額かけるのと、1ずつ10000回に分ける場合で、期待値は同じですが分散が大きく違います。カジノ通と称されるリピーターは、博打打ちを超えてカジノにおける2%の"消費者"に帰着することがわかります。分散(リスク)を買うわけですから、あえて分けて賭けて分散を下げるのは矛盾した行動なのです。」を理解していない証拠だ。

博打を正しく理解するとカジノから足が遠のく。それでも私はカジノに足を運ぶのだが、テーブルの上にチップを置くことはない。ルール(還元率)の確認だけして帰るという、一般的には何のためにわざわざカジノまで来たのか意味不明な行動に見えるだろうし、カジノ側にとっても迷惑な冷やかし客になってしまう。


2013.03.22 米カジノ当局、ユニバーサルの岡田会長らを聴取 ~Wynnの10K

売上はカジノ収益、つまり、カジノの売上={お客様が投じた金額-お客様に返した金額} なのである。もしカジノが零細だったりフェアギャンブルならば、売上はマイナスもありうる状況下で、売上マイナスのカジノなんて見たことが無い! つまりカジノが負けるなんて財務諸表はこの世に存在しない! カジノで賭けたくなるような歴然たる事実がこんなところにもあるね。

嫌なこと言うなぁ…俺も…。でもそうなの。金融機関に勤めていれば、業務純益でも営業収益でも名前は何でも良いのだが、収益が売上なので、売上目標ではなく収益目標となる。この意識は製造業に従事する人に強く持ってもらいROE向上を目指す経営をこれからすると良いw だが、例えば証券会社の売上に含まれるトレーディング損益だと、マイナスも極稀に見ることができるかもしれないが、カジノの売上でマイナスは一度も見たことがないくらい磐石に、客が負ける。

奇しくも井川さんが貢いだWynnの財務諸表で時期まで一致しているが、100億飛ばしたとしても、それはカジノ全体の売上(要は客の負け分の総額)のわずかに3%。VIP Tableは年間のTurn Over(負け額ではなく総賭け額)まで開示されているがそれが12兆円だから、10億円の勝負を12000回の試行で、ほぼ確実に吸収する顧客基盤を持っているということだw

【みんなが嫌いな数式シリーズ】
2014.02.25 株のBuy&Hold戦略が持つGamma Long性
2012.02.01 ギリシャのデフォルト確率って言うけどどう計算するの?
2011.09.01: %Gammaとは何か?
2010.08.13: 遠心力対万有引力 北極で測る体重と赤道直下で測る体重
2010.07.23: 数学を使わないオプション解説 GammaとVegaは何が違うの?
2010.06.04: ルーレットと大小(Big or Small)の最適戦略
2009.09.29: Black-Scholesは間違っている 
2009.08.12: Double Barrier 複雑なるもの 
2009.06.16: VAR SWAPのGamma+VanillaのGammaでGamma Neutralになるか? 
2008.12.15: 年末ジャンボ ~富くじにおける分散の値段 
2008.12.04: CBとCall Option+Bondの違い for Beginner 
2008.10.31: Craps@MGM 
2008.08.08: Geylang Street Gambleの期待値 
2008.04.25: 1yのATMオプション、Volatility30%ならいくら?70%なら? 
2008.01.24: 恐るべしJump DiffusionとVAR-SWAP 
2007.12.10: 金利0、配当0(0Drift) ATM Call のDELTAは50%? 50%超? 50%未満?




Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

最近のコメント

Twitter Updates