タグ「ゲーム関連」の一覧

ネットゲームそのものも、随分前から存在しているし、私自身もプレイしたこともある。ただ、15年間タクティクスオウガをやってる私のように、家庭用ゲーム機によるゲームの概念に凝り固まっている人間は、ネットゲームらしさを十分に引き出せていたとはいえないと今思う。

1.プログラムされたゲームをプレイする
2.一人でプレイする

私がオンラインゲームをしても、この2つの概念から抜け出ることができない。だからネットにつながっているだけであり、家庭用と変わらないゲームを選び、遊び方もほとんど一人用と変わらない。ところが、今私がプレイしている「Clash of Clans」は、この2つから大きく抜け出ている。


1.プログラムされたゲームをプレイする

プログラムされたゲームの場合、バグやバランスの悪さが必ず存在する。ドラクエで例えるならば、2回攻撃できる「はかいのつるぎ」や、一切とりえの無い「しょうにん」のような職業。それはリメイクなり、次回作などでバランス調整されていくものだが、オンラインゲームは、プログラムアップデートを走らせることで、バグ取りやバランス調整ができてしまう。ゆえにプレイしていて洗練されたゲームだな、という印象を受ける

Clash of Clansの現在の最大レベルは10、私は現在8と7、二つアカウント持ってるんでw。レベルの上がり方は、非課金でほとんど無駄なく成長させて6まで上げるのに1ヶ月、6から7へで1ヶ月、7から8へで2ヶ月、というくらいのゆっくりしたものである。8までだと、今まで世界中のユーザーによってやり尽くされ、「強すぎたユニットや設備、使えない=存在意義が無いユニットや設備、凶悪な技」が存在しない。インターネット上で調べた凶悪な技(例えば、ライトニング×3でダークエリクサータンクを略奪する)は、ほとんど現在封じられている。また資源の生産と消費のバランスも、非常に良く、他のプレーヤーから略奪しなくても、自己の生産で大部分を賄える。

提供される設定は、ユニットや設備の数と性能のみであり、それをどのように「配置」するのかは、各ユーザーが決める。マルチプレイ(他人と対戦)において、1面、2面というステージは無い。ほぼ無限に組み合わせがあり、世界中の人たちの「作り面」をプレイすることができるようなイメージだ。(古いなぁ、作り面って、若い人わかるかね?) シングルプレイ(一人用)ステージが用意されていて、そちらは全ユーザー共通、つまり、提供されたステージもある。


2.一人でプレイする

オンラインゲームで、他のプレーヤーと対決したり協力することはあるが、それは知人でない。というのが私のやり方だ。一方、同じ学校の友人と一緒にやる、というのが現代の子供の遊び方だ。驚くことではないのだが、会わなくても友人と遊べてしまうということだ。ということは、会わなくても親子でも遊べる、素晴らしいツールなのだ。

続きを読む

ここから拘泥のスタノスカLv32から始まり、ステージクリア毎にLv1ずつ上げ、最終戦はLv50になるように設定した。


L4章 第9戦 ヨルオムザ峡谷 拘泥のスタノスカ
TO_CV2_v1581304.png=UP!⇒TO_CV2_v1581307.png
弱そうなのでLvを30から32に上げ、INTとMENを30ずつ底上げしてみた。しかし、オーブ攻撃に威力は約30ポイントほどのダメージしか受けない。死者宮帰りのオブデロード屍術師団に敵無し

続きを読む

死者の宮殿 B4F ニバス戦

TO_CV2_v1581256.png

ザパン、ヴァイス、セリエ、シェリー、ガンプ、クレシダ、ラドラムの聖属性装備でアンデッド軍団にのぞみます。B4Fは、「最大でも幅5」の直線型なので、前衛の5人を中心に前進すれば、苦労無く倒せる。そして、リッチ・ニバスへの転生。あっ・・・これはちょっとカッコ良くなった。

続きを読む

L4章 第8戦 バーシニア城・城内 ランスロット戦

TO_CV2_v1581231.png TO_CV2_v1581230.png
前回大苦戦した城内ランスロット戦に挑む! いじりなしの初期配置。バールゼフォンとヴォラックと近距離でにらみ合いながら、敵方全員ワープシューズ装備。

続きを読む

L4章 第1戦 バハンナ高原 ウラム
 
TO_CV2_v1581195.png

消化試合ではあるものの、飛び出過ぎたザパンがウラムの強力な魔法の餌食になり、ロールバック不能状態になりやり直し。2回目ではそれほど苦も無くクリア。ひとえにウイングリングを身に付けたオリアスとポイズンワンドで回復と毒攻撃をしまくった貢献である。最強総合能力値を持つプリースト・オリアスの地味な活躍。

続きを読む

L3章 第12戦 古都ライム 用水路付近 暗黒騎士オズマ

ハボリム救出マップ。オブデロード一族とアンデッド軍団。アンデッド支援はニバスとクレシダ。支援を受けるのはアンデッドのスケルトン、ゴーストそして追加でアンデッド設定したデボルトである。デボルトはHP0になると死んでしまうが、顔色がアンデッドなので種族だけはアンデッド指定した。攻撃力主体のオブデロード一族の回復魔法はモルドバのマーシーレインのみで、グリーシーブーツを履かせて、ハボリムの救出に向かう。残りは召喚魔法を唱える、ネクロマンサー(フェンリル)とゴエティック(サンダーバード)の2人はネクロマンサーをスタンスローターで封じつつ、ゴエティックはカノープスの弓で一撃必殺で沈める。

この戦闘の後、仲間になる剣聖ハボリム先生はあっさりスルーして、いつもの父娘対決。
ニバス304vsクレシダ311 @Lv21 でクレシダの勝ち、前回Lv19時点での+2差から+7差。INT+MENの単純能力値はニバス379vsクレシダ414と35差でクレシダ。


L3章 第14戦 フィダック城・城内 暗黒騎士オズ

オズとの一騎打ち。Chariot無しにはちょっと不可能ですね。一撃必殺でこっちが死にますから。でもChariot有りだったら別に・・・。ここっすよ。
TO_CV2_v1581174.png

続きを読む

L3章 第3戦 バハンナ高原 枯色のカムラット
TO_CV2_v1581128.png
神龍騎士団は全員顔キャラで揃えているが、計算外に厳しい戦闘が続く。確かに敵方の成長率だけ+0.5であるが、こちらも反則的な成長率、45超を誇るインチキ・キャラが8名も居るのに、相当に厳しい戦闘を強いられている。敵方のニンジャマスターの忍術が相当に強力で、Super Chariotでも回避できない戦死者が出そうなので、初のリザレクションを装備したプリーストを配備しての決戦となった。セリエ・ネーさんが凶弾に倒れ、珍しいシーンなので記録しておいた。


L3章 第5戦 コリタニ城・城門前 勇躍のオルゲウ
TOCV2-v158-Cortani-s.gif
テラーナイト4人衆が、パウアハンマー装備と凶悪なので、標準装備に変更。移動力の低いテラーナイトが直接攻撃部隊である場合の、コリタニ城・城門前のマップ攻略は右回り旋回で相手をおびき寄せ、緑丸に立てばテラー軍団は橙丸で立ち往生。苦しいのは自由に飛び回るオルゲウのツインクロスボウの一矢が魔法系キャラを貫くことである。

TO_CV2_v1581141.png vs TO_CV2_v1581144.png
ニバス273vsクレシダ247 @Lv17 でニバスの勝ち、前回Lv14時点での28差から26差に縮小。INT+MENの単純能力値はニバス313vsクレシダ332と19差でクレシダ。


続きを読む

L3章 第1戦 マドゥラ氷原
TO_CV2_v1581089.png


ニバス、カサンドラ、クレシダが登場。台詞の後に転移石で姿をくらますので、ニバスとクレシダの2人は出しても意味が無い。新たに挿入されたクレシダ・イベントなので、会話を記録しておこう。
屍術師ニバス「うーむ、体細胞が崩れ始めていますね。やはり完全ではありませんでしたか。」
屍術士カサンドラ「ニバス様・・・・・・?これは・・・。」
屍術師ニバス「記臆の再生は巧くいったようですねぇ。しかし、細胞の再生が・・・。どちらか一方を果たすと、もう一方に破綻が生ずる・・・。この束縛から逃れられないンですよ。」
屍術士クレシダ「母上ッ!! そっ・・・そんな・・・・・・。」
屍術師ニバス「おやおや、これは、これは・・・。」
屍術士カサンドラ「クレシダ・・・・・・ 愛しい娘・・・・・・ おまえだけは・・・・・・生き、て・・・・・・」
屍術士クレシダ「どうしてこんなことに・・・・・・!母上・・・! ごめんなさい、母上・・・父上、あなたには愛というものがないのか?妻をこんな姿にしてまでも研究を・・・。」
屍術師ニバス「ありますよ。 だからこそ、こうして傍においていたじゃないですか?」
屍術士クレシダ「狂ってる・・・。正常の人間が考えることではない。あなたは狂気に冒されている! ニバスッ! 覚悟なさいッ!!あなたを地獄へ送ってあげるッ!!」
屍術師ニバス「父を呼び捨てにするンですか?・・・悪い子だねぇ!」
屍術士クレシダ「おまえのような怪物を父とは思わぬ!」
屍術師ニバス「これ以上、話をしても無駄のようですねぇ?漆黒の暗渠より悪鬼を招かん・・・。出でよッ サモンダークネス!!さあ、父の研究に協力してくれませんかねぇ?あなたも大切な『素材』ですから。」
デニム「・・・寒いな。・・・ん?貴様はガルガスタンの屍人使い、ニバス・オブデロード!!」
屍術師ニバス「む・・・・・・、これはいけませんね。ここはひとまず・・・・・・。」
デニム「待てッ、ニバスッ!!」
屍術師ニバス「あれは、ゴリアテのデニム・・・。クッ・・・。」
デニム「ここは僕らに任せろッ!君は早く逃げるんだッ!」

続きを読む

L2章 第8戦 古都ライム ヴァイスとアロセール

2章最難関ステージと思い、気合を入れて臨みました。メンバーは厳選されたオブデロード屍術師団(スケルトンを除くゴーストのみ4名)、かのぷ~+プレザンス遊撃部隊、システィーナ
TO_CV2_v1581073.png
最初のATはWT503のプレザンス。503÷60=8.xなのでMP回復ロール8回、杖装備でもニンジャなので16しかたまりません。なので大地の指輪でウィザードに麻痺麻痺君をしながら、次のデニムは奴らの出口に蓋をします。
TO_CV2_v1581066.png
ニンジャ二人(デニム・プレザンス)はこのメンバーだと前線ですが、神業で回避率が非常に高い。Super Chariotをしなくても、意外に交わします。プレザンスがアーチャー2人の攻撃とウィザードの魔法1回、フェンサーとヴァイスの攻撃をデニムが受けます。この後オブデロード屍術師団始動!! ネクロマンシー・レクイエム!! これで半分勝負あり。後はアロ様に死んでいただくだけです!
TO_CV2_v1581067.png

続きを読む

L2章 第5戦 クァドリガ砦 海賊ダッザ ザパン救出
zapan-dope-v158.png
ニバスに次いでお気に入りキャラ・ザパンですが、これもまた固有成長率・一般クラスの組み合わせで行きましょう。素早いバーサーカー・ブラックナイトとしての活躍を期待しながら。ザパンのLv10で、気持ち的にはLv9かLv8でお仲間入りして欲しいのですが、今回の設定だとレベルを下げるとダッザの軍団に瞬殺されるのでいじらずLv10を黙認することにいたしましょう。
TO_CV2_v1581045.png=Change!⇒TO_CV2_v1581050.png
龍軍団の苦手な砦攻略なので、ザパン救出部隊はなんともネーミングが難しい雑多な部隊。アロセールLv6のデビュー戦であります。今回のカードコレクターはラヴィニス。一般クラスの民であるラヴィニス君は、せいぜい今のうちにカードドーピングでもして能力を高めておいてください。

ニバスとクレシダだけなのでネクロマンシー・レクイエムと呼ぶには大袈裟ですが、この2人でニンジャとコカトリスの動きを封じながら、いかにしてザパンとの距離を縮めるかがここの攻略法です。ザパンの孤立、最悪ダッザ軍の全員一斉波状攻撃を喰らいかねない初期配置から、ザパンへの集中攻撃を分散させる"囮"を前進させ、ニンジャ部隊を囮に向かわせることがポイントになります。

続きを読む

1章 第12戦 バルマムッサの町 虐殺参加後

鬼の高低差と言われるこのマップだが、呪いの軍団オブデロード屍術師団+かのぷ~+ラヴィニスで逆走する。目にものを見せてくれるわ。うりゃっ!最初のターンでかのぷ~とゴースト一気に高台に。そして次についに接触だが、ナイトメア+スタンスローターで、眠れっ麻痺れっの屍術師魔道軍団4重波状攻撃で、敵方アーチャーには大人しくしていただこう。
TO_CV2_v1581013.png next TO_CV2_v1581014.png


刺して難易度の高くない戦闘が続いているので消化試合として詳細は略す。そんな環境下で注目のニバス・クレシダ能力値対決は・・・
ニバス122vsクレシダ117 @Lv6 でニバスの勝ち。
TO_CV2_v1581017.png vs TO_CV2_v1581016.png
しかし、INT+MENの単純能力値はニバス107vsクレシダ113で既に父を抜き去っている。これが意味することは、「能力があるだけでは実戦はこなせない。勝負とはそういうものである。」ということを父が娘に教えようとしているのである。

続きを読む

1章 第7戦 古都ライム リューモス戦 ~システィーナ救出

鉄の女システィーナにふさわしい驚異的なVITとAGIの成長力を背景に、VITとAGIの初期値は強力に抑えてあります。

前回までのシスティーナの強すぎた初期値
Sisteena-Dope.jpg
 ↓ Grade Down
今回のシスティーナの新設定(高成長率、低初期値)
Sisteena-Table.png

前回までは救出マップと言いながらも、システィーナをヴァルキリーの低成長力41.5で育成する都合上、システィーナの初期能力値の底上げで調整していたため、"システィーナ無双鑑賞劇"を見ながら悦に浸るという緊張感のないリューモス戦も、今回はリアルな救出劇となった。しつこいようだが、「設定.7敵レベル相対化 ゲストレベルは自軍+0設定」のおかげでシスティーナはLv4での参戦が可能(従来Lv6)。これじゃLv4でもまだまだ瞬殺されてしまいます。

TO_CV2_v1581_037.bmp 一瞬でピンチ! TO_CV2_v1581_038.bmp

続きを読む

モルドバを倒したところで・・・、モルドバとクレシダのご登場です。主人公のクレシダが、やっと登場!!
TO_CV2_v158_012.bmp
わー、かっこいい。初めて間近で見ましたw 自画自賛で恐縮ですが、「三角帽子と権威の外套」の紫と、手に持つ扇が西太后っぽくてお洒落だと思いませんか? 気になるクレシダの初期値と成長率。
Cressida-Table.png
えっ? このネクラ顔で肉体系女子? INT10のMEN2ってバカなの? という能力値ですが、クレシダこそが待ちに待った待望の最強魔法使いの設定になってます。INT9、MEN9の成長率はヤバいよ。これ。今の時点で予想すると、クレシダの総合能力成長値は、一般キャラに限りなく近い42.5(ソルジャーが40)。一方、最強成長力を持つオクシオーヌ・フォリナー4姉妹の48.5には遠く及ばず。総合能力値では劣る設計になっているが、おそらくゲームバランスが崩れるくらい強い魔法使いになるであろう。

続きを読む

つぎのアガレス戦、脱出したギルダスがHP1で参戦し、支援効果で多少HPを回復するものの、馬鹿なアルゴリズムで、瀕死の状態なのに突進して一般兵に一撃で斬られて最初ターンでまた脱出。本当にカッコ悪いギルダスであったが、それなりに緊張がある2戦であった。アガレス戦の後、オクシオーヌと4匹の龍たちが参戦してくる。神龍騎士団でLv30時には、最強能力値誇ると期待されるオクシオーヌの初期値である。(顔が変わって、運命の輪の顔になっている) ついでにラヴィニス初登場シーンも載せておこう。
TO_CV2_v158_007.bmp and TO_CV2_v158_006.bmp

Lv30の時の「全能力値の和-MP-HP/2」を計算してランキング。自軍のトップレベルを記載しておく。

自軍・御贔屓度高めキャラクター・ランキング
Charactor-Lv30-Table.png

続きを読む

私が少し目を離した隙に、Tactics Ogre Chronicle Valeria2がVer1.58まで更新されていたようなので、オクシオーヌのドラゴン道中記を4章、死者の宮殿前でギブアップし、再度やり直すことにした。いくつかの決定要因があるが最大の理由は、

クレシダの登場

これはTactics Ogre 運命の輪 (リメイク版) から初登場のキャラクターで、ニバスの娘という設定だったからだ。もちろん、運命の輪で人気が高いラヴィニスとやらも登場するらしいが、お気に入りキャラのニバスの血縁であるクレシダは重視せざるを得ない。

さらに、ハンデとして用意されていた敵キャラだけLv Up時の成長率+1があまりにも厳しいため、+0.5はできないかとKT氏にお願いしたところ、その対応も終わっているようだ。当初は0.5刻みは難しいとKT氏にはねられていた事案だったが、下記のように設定することで、0.5刻みハンデが実現可能となった。

 1.ランダム成長(デフォルトON)
  敵ステータス計算にもランダム要素を導入します。
  敵全体補正・敵リーダー補正が設定できるようになります。
  (v1.51より仕様変更)
  いままでは敵全体補正、敵リーダー補正をそのまま上乗せする仕様だったが、
  ランダム幅を変化させる仕様に変更した。(少しまろやかになるはず)
  例)成長値5、ランダム幅3、敵全体補正1、敵リーダー補正0の場合
    旧仕様:成長値5+ランダム幅(0~2)+敵全体補正1+敵リーダー補正0
        =5+(0~2)+1=6~8:平均7.0成長
    新仕様:成長値5+ランダム幅(0~2+敵全体補正1+敵リーダー補正0)
        =5+(0~3)=5~8:平均6.5成長

今まで当ブログに記録されているTactics Ogreシリーズをまとめてみよう。

2010年7月 Tactics Ogreへの愛 Cルート
2011年9月 Tactics Ogre 15年目にして初のNルート Tactics Ogre Chronicle Valeria2 v1.18の初導入
2012年5月 ニバス君の成長日記 Lルート TOCV2 v1.44
2012年7月 オクシオーヌのドラゴン道中記 ゲームバランスを失い途中で4章で挫折。 TOCV2 v1.48
そして今回の
2012年12月 オブデロード一族の女たち TOCV2 v1.58 ←今ここ

ついに5作目か・・・

続きを読む

4章 

龍軍団デビューはバンハムーバ神殿 シェリー戦から。アロセール先生の弓に加えて、シャドウのプレザンス。シェリーのオーブ攻撃に備えた回復役はマーシーレインを装備したプレザンスとオクシオーヌ、デニムの回復の杖と各ドラゴンが装備する回復アイテムである。シェリーのオーブ攻撃はかなり厳しい攻撃ではあるが、敵との距離が離れているので、間合いを詰める間にアイテムを中心に回復を済ませ、横一線の陣形で待機
TO_CV2_v148_178.bmp

続きを読む

3章 開始

パラメータ調整に失敗していることに気付き始めた・・ボスの強さに対して、一般敵が弱すぎる。

ボス以外の敵の強化策は・・・、あるわ・・・BNE2、敵ステータス作成。敵全体補正+1
敵全体補正+1とは、Lv Up時のステータスアップが1上がるということである。つまりLv13 のステージであると、全ステータスが12上がって出てくる。
これ、かなりきつい設定のような気がするがとりあえずやってみましょう。敵全体補正0.5とかあっても良いかもしれない。

敵全体補正+1で相当強くなる一般敵ユニット
TO_CV2_v148_155.bmp TO_CV2_v148_158.bmp

案の定、いきなり激ムズ。何度Super Chariotしただろう・・・。

続きを読む

2章 第11戦 アルモリカ城門前 ザパン

この一戦楽しみにしていました。オクシオーヌと龍軍団を思いついた時からこの戦闘を頭に思い浮かべていました

ではまず、神龍騎士団の布陣。龍軍団+デニム+ニバス+プレザンス。 回復役なしのアグレッシブな部隊。高い攻撃力を持ったザパンに対して、回復はデニムの回復の杖と龍軍団のキュアリーフだけです。

このステージでは、オクシオーヌ円陣ではなく、横陣を保つ。ぜんたーい、二歩前進! 見合う両軍。そう、この絵だよ。見たかったのは。

TO_CV2_v148_141.bmp

激突。ザパンvsりゅうのすけ、それから、テラーvsオクシオーヌ
龍軍団防御力より回避率が高いようだな。AGIのTASやってるから当然なんだが。

TO_CV2_v148_142.bmp TO_CV2_v148_143.bmp

間合いがつまり、横一列に並ぶ前線。削り終わったら、横陣を崩して一気に多方面から攻める。しかしこの時深追いさせ過ぎたしぇんろん(サンダードラゴン)がザパンにつかまり、20-30回ほどSuper Chariot。

続きを読む

2章 思い通りにいかないのが世の中なんて割り切りたくないから(C)

2章 第1戦 アシュトン アロセール戦

一本道迂回型Map+敵方が飛行系だと、龍軍団は使い物にならない。この布陣、最悪でしょう?

続きを読む

1章 第7戦 古都ライム 騎士リューモス

直線型マップなので、龍軍団は休憩。代わりにニバス君率いるアンデッド軍団で狭いマップを攻めます。うりゃ、全体二列縦隊。
TO_CV2_v148_059.bmp

怪獣システィーナは前回よりMHPとVITを若干落としました。それでも全パラメーター15~20は上げているごひいきぶり。

続きを読む

このページの上部へ

Ad

LINEスタンプ「カバコ」公開されました!

top

プロフィール

投資一族の長


サイト内検索

Twitter Updates