ここでバンコクの夜遊びの全体像がわかってきたので触れておこう。
http://www.thai-navi.jp/top.html
から地図を拝借。
bkk-mens-night-map.gif
このようにお遊びジャンル毎の密集型の分布となっている。ゴーゴーならナナプラザかソイカウボーイ、ディスコならエカマイ、MPなら・・・というように通り・地区名で検索をかける。そうすると店の名前が出てくるから、そこで具体的にクオリティや値段のレビューをチェックすれば完璧という段取りとなる。

MPなら、このようにスティサーン周辺の名前だけチェックすればOK。
bkk-mp-map.jpg

3日目、金が底を尽きてきたので両替。銀行で金を引き出す。手数料は150THBで大したことはないが・・・コミコミで、5.8%も抜かれてる。最悪や。シンガの銀行はウンコやー!
昨日行った店の子からSMSが来たので、銀行ついでにご挨拶。英語ができない子だったので、店の人に頼んで打ったのだろう。2日連続マッサは不要だったので丁寧にお断りしておいた。その理由、それは「MP(マッサージ・パーラー)は必須だろ」と友人から言われていたからである。パラダイス・バンコクでは、いつでもどこでも食欲と性欲が満たせるが、だからこそ逆に慎重になる。時間が限られているゆえに、欲の回数も可算個である。やたらと欲を満たしてしまうと、新しいパラダイスとの出会いがなくなるからである。

タイ時間、14時に出陣。アソークのMRT、Sukhumvit駅からSuthisanに向かう。BTSとMRTは乗り入れはしていない。かつまた、MRTはおそらく料金が距離に応じて合理的に決められているのか、BTSのように5バーツ刻みではなく、中途半端な料金だ。SUkhumvit-Suthisan間は5駅で24バーツ、中国の列車と同じICチップ切符(BTSは薄いカード)だ。列車のアナウンスは、より英語調で美しくない。やはりBTSのナァナーの発音は最高だ。ちなみにNanaのタイ語のスペルを凝視すると、同じ二文字のペアが二つなので、おそらく音も一緒のはずである。だから、正しくはナァーナァーと発音しているはずなのだが、私にはナァナーと聞こえる。

Suthisan駅に降り立つと歓楽街とは全く異なるオフィス街のような感じ。かなり寂しいが予定通り時速2kmで南下開始。こんなところを昼間からウロウロしている外国人はおらず、タイ人率が極めて高い通りである。Grand Ayudhaya Hotel Bangkokがそびえたっているが、その横に同じくらいの大きさで立ってる(笑。迷うバカはいないというくらいわかりやすい。

さてまだ15:00だ・・・、2階が普通フロア、3階がモデルフロアとなっていて、2F:2000-2500、3F:3000-5000のようだ。時間が早いせいか、嬢(4-6人)がまだ少ない。客の数も(1-5人)で低調に推移している。1時間弱ほど、2-3Fの間をウロウロしながら観察していた。なぜか日本人率が高い(笑。ビールを頼んで時間つぶし、132バーツ(かなり高い)。がゆっくりチビチビ40分かけて飲んでやった。その間、ショッキングな出来事が・・・白人の若い背の高いお兄ちゃんがご来店。横で話しているのが聞こえてしまったのだが、3000要求されていた。なんで? 一物多価なのだろうか? この理由はよくわからない。

16:00くらい、待ちくたびれてきたので、ついに動く。2500のエキゾチックな顔のクールな美女だ。昨日まで可愛い感じの子ばかりだったので、久々に美人系で行ってみよう。スタイル良すぎ、胸はちょっと作り物感漂うが、腰からヒップにかけてのラインは超絶w
エレベーターで移動なんだが、11階くらいまであるのが笑える。私は4Fだったが、ホテルのごとくスタッフが詰めている部屋もある。一体、何人のスタッフ雇ってるんだ? この店は。例の金魚蜂、あれはマジックミラーになっているということだが、なぜかテレビが客に背を向けておいてあり、嬢はテレビを見ている。「あのテレビには客席が写っているのか?」と聞いたらそうだという。マジックミラー意味ねー。だって新しいお客さん来たら嬢たち反応してるし、明らかに見えてるよな。なんでマジックミラーにするんだ。内部事情を知られないために防音ガラスにするならわかるが。ちなみにお風呂がある客室からは金魚蜂の様子を見ることができる。嬢は自らそれをつけてたまにチラ見していたので、やはり様子が気になるらしい。

プーケット出身らしい。日本語は10単語くらい知っているようだ。どれもしょうもないソープ用語ばかりだったが。英語は昨日までの子達と比べてかなりできる。サービスばっちりだったので、300チップ渡した。
ちなみにプーケット出身の彼女曰く「プーケットは物価が高いそうだ。観光客だけでなく、現地のタイ人でもなんでも高い(バンコク比)」。たしかにそうだった気がする。

ここに来てフト気付く。日本語使用率5%未満だ。タニヤの日本人カラオケ行ってるんだけどね。彼女たちも日本語が完璧なわけじゃ無いし、英語の方がベターな子も多いせいか・・・。日本語を発することが極端に少ない(回数ではなく時間加重な)。俺、シンガポールでここまで英語しゃべってネーよっていうくらいw

夜はちょっと早めに20:00くらいに出陣。バンコクといえばおいしい日本飯。日本からの観光客はまずいかないタイ駐在の日本人の溜り場だろうが、日本食がおいしくて、かつ日本より安く食べられる唯一の外国ということで、シンガポール在住の私にとっては試してみる価値がある。ということで日本食初挑戦。たいして調査もせず博多焼肉 玄風館 4/16 Sukhumvit Soi22に入る。カルビ・ハラミ・ライス×2で総額600バーツ(1500円)。確かに安い。しかも普通にうまい。8切れ入ってるから計16切れで相当腹も一杯だ。これはかなり割安感がある。シンガポールで食べたらその2-3倍は取られるであろう。ちなみに酒類はあるけど注文していない。なぜならば、これからいっぱい飲むからだ!

【肉体美系関連記事】
2011.08.23: 適正体重とその測定方法
2011.06.07: ポストAKB48候補のRAB(リアルアキバボーイス)
2011.06.01: 歴史を騒がせた悪女たち4/7 ~悪女というかグレート
2011.04.07: シムロイド 将来のロボット嫁
2010.12.15: 自作 近未来小説 我が競争 ~国営種子バンクの設立
2010.07.02: 妊娠伝説を持つ男 ~少年よ、強くなったな
2010.04.28: あなたの知らない精子競争 ~生殖能力の比較
2010.03.15: 良い女は顎なのか? 
2009.11.20: ベリーダンスとヒクソングレイシー
2009.07.13: 私の心が痛むインターネット上の書き込みの数々
2009.04.30: ケチの実態 ~その時ケチは言った
2009.02.18: 女に優しい男 ~ダイエット不要論者
2008.06.20: 美の基準 ~民族を超えたArbitrage
2008.03.15: モンコックで格闘DVD